母の「おつかい」はゆうちゃんと一緒

ウチのあいちゃんは、散歩が好きだ。
外の匂いをふんふんと嗅ぎまわったり、庭に来る鳥を見たり、金魚をじっと観察したりと忙しい。つまり、「ボクが行きたい場所に行くから後ろからついてきてね」だ。つまり、わたしはお世話係のように立ち止まっていることが多い。で、すーちゃんはというと...散歩はあんまり好きじゃない。一応外に行くけれど、べったりと座ったまま。動くときは匍匐前進だ。
いずれにしろ、散歩は庭に限られる。外には他の猫たちもいるだろうし、大きな犬も散歩しているからだ。

それが、チワワのゆうちゃんとなるとワケが違う。

母は買い物に行くときには、ゆうちゃんを連れて行く。だから、ゆうちゃんにとっては「散歩」より「おつかい」という言葉のほうが重要だ。「おつかい行く?」と訊くと、必ず耳をピンと立てる。

今年82になる老母は支度がとてもゆっくりになっているが、それをゆうちゃんはじっと待つ。母から片時も目を離さない。そして、リードとセーターを着せてもらって出発だ。

yuchan_sanpo.jpg

腰の悪い母は数年前から、こうした手押しカートを使うようになった。疲れたら座れるし、モノも入れられるし便利なのだ。そして、その上に乗るのがゆうちゃん。郵便局に入ると、角にカートを「駐車」する。そうすると、ゆうちゃんは開いたキャリーの中に座っておとなしく母を待つ。母からいっときも目を離さないし、誰かが頭を撫でても完全無視だ。そして、うちの中ではあれだけウルサイ犬が一度も鳴かないと言う。

スーパーに行くときも、実はゆうちゃんは母と一緒だ。もちろん、プラスチックキャリーをきちんと閉め、カバーのジッパーも閉めて窓だけを開ける。ゆうちゃんは中の窓から外を眺められるわけだ。そして、これまた一度も鳴かない。スーパーを出てキャリーから降ろされると、ゆうちゃんはとてもゆっくりと母の歩みに合わせてトコトコと歩く。母のカートにぶつかることもなく、慣れたものだ。そして、時々母の顔を見る。「大丈夫?」とでも言うように。

yuchan_sanpo2.jpg

母の代わりにわたしも時々散歩に行くが、ゆうちゃんはこれがあまり好きじゃないみたいだ。
わたしの歩みは速いし、母の身体とカートが横にない散歩は習慣じゃないからだろう。

ついでに言うと、ゆうちゃんはデブだから、散歩が必要だ。
チワワの中でも極小なので、標準体重は2キロ。きゃー、2キロ!がびんちの猫の1/3以下!
それが、1年見ないうちに母と妹の溺愛プラス「テーブルからのおこぼれ」のせいで、3キロになってしまった。上から見ると、子ブタちゃんだ。獣医クリニックに連れて行ったら、先代ゆうちゃんのときからのかかりつけ獣医が「なんだこりゃ、こんなスモウとりみたいにしちゃって!だめですよ!」と叫んだそうだ。あのセンセイ、昔から口悪いよなあ。


いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ



母のマグカップを盗んだゆうちゃん

あいちゃんとすーちゃんは「勝手気ままに生活している猫」というのが、その「義理のオバサン」のゆうちゃんと比べるとよくわかる。
ゆうちゃんは、「勝手気まま」というより「アタシを見て!アタシと遊んで!アタシをかまって!」だ。行動があまりに猫と違うので、見ていて楽しい。

新鮮な水の容器はいつもケージにあるのに、ゆうちゃんは水が飲みたくなるとテーブルに前足をかけて「わん」と短く鳴く。誰も気づかないと、また「わん」だ。これは誰かが「なあに?」と言うまで続く。そうすると、ゆうちゃんはテーブルの上にある「わたしが母に買ってきたオーストラリア土産の珈琲マグ」を見てから、母の顔を見てまた「わん」と鳴く。つまり、喉が乾いたのである。

yuchan_water2.jpg

これを初めて見たときには、ビックリして湯呑みを落としそうになった。
「お母さん!なにコレ!」
「だって、飲みたいって言うんだもの」

コトの始まりは、この「オーストラリア野生シリーズ」のひとつ、パースの自宅庭にも来る色鮮やかなロリキート(インコのような鳥)の絵柄の珈琲マグだ。わたしが去年の正月におみやげとしてあげたこのマグを、母は薬を飲むための水飲みとして使っていた。
ところが、ナミナミと入れておいたのにどうも少ない。おかしいな、と思いながらもそのまま使っていたら、あるときゆうちゃんが首を延ばしてテーブルの上のマグに鼻をつっこんでいるのを発見。
「あらやだ。アタシったらゆうちゃんと同じマグカップで水飲んでいたのねっ」

というわけで、わたしに「ねえ、もう一個マグカップ買ってきてよ」となったのである。
今回同じシリーズで同じ形、ちょっと違った柄のものを持ってきたので、テーブルの上はこんな具合になっている。

yuchan_cup.jpg

「夫婦(めおと)茶碗じゃん、それじゃあ」と妹は大笑いをしたが、ゆうちゃんと母が同じマグカップを使うよりいい。
まったくなんてワンコだ。

これがホントの「メオトじゃワン」。



いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ



東京の実家で犬三昧のお正月

明けましておめでとうございます。
こちらでは、かなりご無沙汰をしてしまいました。(本宅「がびのテラス」は改築・更新していたんですが)

ただ今東京の実家で正月休み中。
ところが、先月30日あたりからなんとなく喉が痛くなり、大晦日にバンコクから出発するころにはすでに頭痛、くしゃみ、鼻水が始まり、元旦にはとうとう熱が少々出てきてダウン。とんだ三が日になってしまった。
おかげで、今まで外出なしの監禁状態、せっかくのご馳走も鼻が通っていないので味がとんとわからず、悔しい思い。そのうえ風邪薬のせいで酒も飲めんっ。ぷんぷん。

リサには新年のご挨拶という名目でまた電話。
「元気ですよー」以外付け加えることもないらしい。毎週のお掃除はしなくてもいいので、窓のブラインドは全部磨いておいてくれたらしい。ただし、窓磨きはなし。オーストラリアでは、窓拭きは「普通の掃除」の範疇ではないので、お掃除のひとたちはやってくれない。別途頼むこともできるが、うーん、これぐらいは自分でやろうかとも思っている。

ああ、でも.....あいちゃーん、すーちゃーん。どうしてるんだろうか。

仕方ないので、代わりと言ってはなんだが、実家の母の溺愛ワンコのお話。
現在2歳半のチワワの女の子、ゆうちゃんである。母も妹も近所のオバサンたちも、ゆうちゃんに話しかけるときにはわたしのことを「お姉ちゃん」と呼ぶ。つまり、ゆうちゃんはわたしの「義理の妹」、そしてあいちゃん・すーちゃんにとっては「義理のオバサン」に当たるワンコなのである。

yuchan08012012.jpg

この子はわがままだ。もっと大きく書いてもいいくらい。遊んでほしいときにはひとにまとわりついてウルサイくらいだが、こちらがシツコクすると「ううう、離せっ」と、我慢することを知らない(笑)。

極めつけはコレ。

yuchan_shoulder.jpg

写真でもわかるとおり、インコじゃあるまいし母の肩にとまっている。そして、そこで水牛皮のガムをカミカミしているまではいいのだが、こうやって口から落ちると自分で取りには行かない。母に向かって「うわん」と鳴く。訳すると「落ちたぞ。取れ」だ。なんてヤツだ。
そして、母が疲れて「ちょいと横になるね」とゴロンとすれば、自分も上に乗ってしばらくカミカミしたあとそのまま仲良くグッスリ。

yuchan_okaasan.jpg

母は年寄りなので、孫よりも甘やかしてしまったようだ。だから、ゆうちゃんはやりたい放題なのである。
いや、「ひとのこと言えるか」と母が隣でつぶやいているが。まあ、わたしの溺愛ぶりだって結構なものなので、引き分けかなあ。



いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ


ゆうちゃんのけだるい午後

東京実家からバンコクに戻って4日目。写真を整理していたら、あいちゃんの「義理のオバサン」チワワのゆうちゃんが出てきた。で、実写漫画に。

こんなこと、夏休みが終って新学期になったらゼッタイできないので、今のうちに遊んでおこうというわけ。

ゆうちゃんの午後1

ゆうちゃんの午後2

ゆうちゃんの午後3

ゆうちゃんの午後4

ゆうちゃんの午後5

番外編:あいちゃんの「オバサン」

明けましておめでとうございます。

年が明けて生後10週目に入ったあいちゃんだが、ブリーダーのアンジェラと連絡をとっていないので、一体どのぐらい大きくなっただろうね。

ということで、今回は正月休みを過ごしている東京の実家から。
このウチには、母の愛犬「ゆうちゃん」がいる。1歳8ヶ月のチワワだ。母はゆうちゃんに話しかけるときに、わたしのことを「オネエチャン」と呼ぶので「種違いの妹」なのかもしれない。わたしにはニンゲンの妹もいるが、彼女も、母がゆうちゃんに話しかけるときには「オネエチャン」になっている。

あいちゃんはわたしのムスコになる男の子なので、正確に言えば「ゆうちゃんの、これまた血のつながっていない甥」ですな。

yuchan

ゆうちゃんはチワワでも小さいほうで、2kgしかない。片手で軽く持ち上げられる。下肢なんか、わたしの中指ほどの長さだ。

yuchan_paw

あまりにも小さいので、ゆうちゃんは床にいるのがあまり好きじゃない。どちらかというとソファの上でひとと同じぐらいの高さにいるほうがいい。
もっと好きなのは、肩の上だ。母が居眠りを始めると、必ず肩の上に座って習慣のように自分も眠くなる。

ゆうちゃん、いつからインコになったの。

yuchan_katanori