あいちゃん、お誕生日おめでとう!

今日10月31日はハロウィーンだ。

ヨーロッパやオーストラリアではあまり馴染みのない習慣だが、アメリカ人たちにとってはお祭り騒ぎの日。このごろではオーストラリアでもハロウィーン用のかぼちゃや飾りを売るようになったが、まだアメリカのように街中がハロウィーンの衣装で埋め尽くされるということはない。
どちらかというと小学生までの子供たちが衣装をつけて、お母さんを従えながらドアのチャイムを鳴らすというのがこちらオーストラリア。2年ほど前までは、かなり小さい子が近くに多かったので、キャンディーを買ってドアのチャイムを待っていたが、このごろでは子供が少なくなり、自然と誰も来なくなった。やっぱり、他国からの習慣はあまり根付かないみたいだね。

それでも、わたしのとってはハロウィーンは特別な日だ。
10月31日は、あいちゃんが生まれた日だから。

今日であいちゃんは1歳になった。

aichan_oneyear.jpg

オムニバスの動画をつくろうとして、今までのビデオクリップを観ていたらなんだかちょっと涙がほろほろ。
エズメのお腹の中にいるときから追っていた仔猫。2週間目に初めて会った6匹の子猫。6週間目に初めて抱いたあいちゃん。あまりの小ささにどうやって抱いたらいいのかわからないほどだった。

そして、待ちに待ってやっと届けられた13週目のあいちゃんは両後ろ足骨折とひどい猫風邪も一緒に持ってきていた。獣医にまで「第1日目からこれじゃあ…。悪いことは言わないからブリーダーに返しなさい」と言われた。

長いことビッコをひくあいちゃんに、一体治るのかと心配になったこともあった。目は何度も獣医クリニックで診てもらって、手術までしたが治らなかった。今でも右目は涙目で目やにもでる。
毎日朝晩は消毒しているが、それでもダメだ。

ウンチ騒動も長かった。このまま粗相が治らなかったらどうしようと気をもんだ。キャッテリーにあずけたら、いきなり治ってしまったが。

食事もムラ食いで、どれだけ沢山の様々なドライフードやウェットフードを試したことか。
それも、時がたつにつれおさまって、今ではすーちゃんよりはるかに簡単だ。カリカリが主食になって、それを飽きずに食べ続けている。水もよく飲んでくれる。

すーちゃんが来てからは、いつも一緒。
しつこくって嫌われるときもあるが、追いかけっこをしたり、がうがうしたり、遊び仲間ができて嬉しそうだ。それにお兄ちゃんになったからか、すーちゃんの世話も大好きだ。毛づくろいは、以前はすーちゃんがあいちゃんを時々ナメていたが、このごろでは全くしなくなってしまった。あいちゃんが、いつも顔まわりと耳の中(笑)をきれいにナメナメしたがるからだ。

あいちゃんがまだ小さかったときには、毛づくろいがヘタクソで大丈夫かと思っていたが、それも自然に「じっくり」と自分をくまなくナメるようになった。

でも、色はチョコレートポイントだと言われていたのに、血統書ではいきなりブルーにされ、段々とスレート色が目立ってきた。背中がこれだけ濃くなってきたので、たぶんブルーポイントなのだろう。ブリーダーには、本当に色々なことで泣かされた。

ずっといたずらもものすごかったけれど、それもなんとなく落ち着いてきたような気がする。オトナになったんだね。

あいちゃんは、とてもいい子なんだよ。
器量はすーちゃんに劣るかもしれないけれど、やんちゃで好奇心が強くて全く人見知りをしない。外に行くのも大好きだ。抱っこはキライだけれど、わたしがコンピューターの前にいると、いつも側で寝そべっている。それは、小さかったときから変わらない。

学校から帰宅すると、一番に迎えてくれるのはいつもあいちゃんだ。
ゴロゴロ言いながら、身体をすりつける。「にゃあにゃあ、嬉しいよう」と鳴いてじっとわたしの顔を見る。
「すーちゃん」と呼ぶと反応しないが、「あいちゃん」と呼ぶと必ず振り向く。
「あいちゃんはカワイイねえ」と言うと、ぐうんと伸びをして頭をすりつける。

おかあしゃまは嬉しいけれど、1年を振り返るとまだまだ小さいあいちゃんでいてほしかったなと、できぬ望みを持ってしまう。ちょっと寂しいんだ。きっと。
だから、短いビデオをつくってみた。あいちゃんのために。

あいちゃん、1歳のお誕生日おめでとう。
これからも、ずっとずっと一緒にいようね。





いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ