友達の愛犬、スパーキーは天国へ

先ほど友達から電話があった。
辛い決断をした彼女は泣いていた。

11歳のゴールデンリトリバー犬を安楽死させたのだった。

彼女もスパーキーもメルボルン出身だ。
スパーキーは7歳のときに癌にかかった。どこの癌だったか忘れてしまったが、そのとき彼女は化学療法や治療でかなり高額の支払いをした。幾人かのひとは「犬に化学療法?」と笑ったと言う。それでも、医者の言うとおり、化学療法はめざましい効果を見せて、スパーキーはよみがえった。

「治る可能性のある病気は、どんなことをしても治してあげるわ。家族ですもの」と彼女は言った。

その後、彼女はご主人の転勤にともなってパースに引っ越してきた。2人の子供とスパーキーも一緒だった。彼女の家は大きな一軒家で庭も広い。家の裏のドアには犬用ドアが取り付けてあり、スパーキーは好きなときに庭に出られた。

そして、事故が起きた。
庭から道路に出る木戸が、どうしたことか開いていたのだ。スパーキーの悲鳴と急ブレーキに彼女が家から飛び出したときには、すでに遅かった。それでも、前足で掻いて立ち上がろうとする血まみれのスパーキーをタオルで抱きかかえて、車に載せ、獣医クリニックの緊急医療に走った。

しかし、手の施しようがなかった。

「何とかしてください」と、彼女は泣き叫んだ。
「治療をしてもすでに遅すぎます。いずれあと何時間かで死んでしまいますよ。苦しませるのはもっとかわいそうだとは思いませんか。楽にしてあげるのは、飼い主の義務です。犬はなぜこんなに苦しまなければならないのか、なぜあなたが助けてくれないのか、理解できないんです」
そう言われたとき、彼女はわかった。ものを言えないスパーキーに代わって、彼女が決断を下さなければならない、と。

そして、スパーキーは獣医の手によって永遠の眠りについた。

「わたしのやったことは正しかったよね?」
「うん、絶対正しかったよ。絶対正しかったよ」

そして、わたしはもうひとりの獣医のことを思い出していた。
同じように、「犬はなぜあなたがこの苦しみから救ってくれないのか理解できないんですよ」と言ったひとだ。

もう何年も前、まだゆきちゃんがいたときのことだ。
彼女の常用薬をもらいに、買い物のついでに獣医クリニックに寄った。すると、恐ろしげな入れ墨のとても大きくてイカツイひとが診察室から出て来た。毛布にくるまれた死んだ大きな犬を抱きしめて、おいおいと泣きながら。しゃくりあげ、涙と鼻水でぐちゃぐちゃになり、周りのひとの誰も目に入らない。そのあまりの無防備な悲しみに驚いて、わたしも思わずもらい泣きをしてしまった。

診察室から出てきた獣医さんに、涙を拭きながら「どうしたんですか」と訊いた。
「安楽死させなければならなかったんです。悪性リンパ腫で、もう手遅れの状態。手術をしても老犬なのでもたないけれど、痛みがひどく衰弱が始まっています。食事もできないし、もうすでに立ち上がれない。安楽死を選ぶのは、飼い主の義務です。」獣医さんは、わたしの目をまっすぐに見つめて答えた。
「犬には、なぜこんな苦痛と恐怖を味あわなければならないのかわからないんですよ。あなたが側にいるのに救ってくれないのがどうしてもわからないんです。苦痛を終わりにしてあげるのは、義務だと思いませんか。」

わたしは、答えられなかった。

安楽死を選ばなければならない立場になったらどうするだろう。「決心して安楽死させる」精神的な苦しみと、実際のペットの肉体的苦しみとを天秤にかけなければならなくなったら。
ただし、「飼い主の義務」という言葉はこれから一生頭から離れないだろうと思う。わたしの友達も、手放しで号泣していた男性も、限りない愛情に裏打ちされた義務を立派に果たしたんだ。

スパーキー。合掌。


いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。