すーちゃんを毛づくろい、時々がぶりのオマケつき

すーちゃんは来たばかりのころ、全く自分からはあいちゃんに近寄らなかった。あいちゃんが少しでも近づくと、「しゃー」が出た。それだけではなく、低くうなってもいた。

その後、ほんの少し仲良くなったと思ったら、今度はあいちゃんを毛づくろいし始めた。ところがあいちゃんは、どちらかというと何かしてやるほうが好きなようで、何ヶ月かたったら役割が入れ替わってしまった。
今では、すーちゃんはあいちゃんをナメることはほとんどない。いや、それどころか自分の毛づくろいも超特急「のぞみ」ぐらいの速度で終わってしまうので、わたしが最低でも週に1回はブラッシングをしている。わたしのブラッシングがないときは、あいちゃんの番だ。でも、あいちゃんの毛づくろいもムラがあって、すーちゃんのアタマと耳付近を集中して舐めまくるので、すーちゃんの耳の近くがはげてしまったこともある。

数日前の動画では、あいちゃんとすーちゃんの戦い遊びを出したが、これを見た「猫を飼っていない友達」が「えー、あんなに喧嘩しているのにほうっておくのー?」とビックリしていた。いや、あれは喧嘩じゃないんだけどねえ。

そんなわけで、今晩はさきほどのナメナメ動画をアップすることにした。

しかし、なにもリビングで一番高い2メートル近いキャビネットの上で、毛づくろいをしなくても。仲がいいのはわかったからさあ。



それでも、時々がぶりが出るのはあいちゃんのご愛嬌(笑)。

namename_gaburi.jpg

アタマの上でカメラを構えているのに疲れて、構えたまま椅子に上がったら、ナメるほうもナメられるほうもいきなり作業をやめてわたしのほうを見た。思わず笑い出しそうになって、カメラが動いてしまったよ。


ランキング参加中!
バナーをぽちっとクリック↓してもらえると、あいちゃんもすーちゃんもハッピーに♥♥

にほんブログ村 猫ブログ「ラグドール」へ
バナーが見えない携帯・スマホの方はこのリンクをぽちっとクリックしてにゃん♥♥