予防注射と体重測定で獣医クリニックへ

ちょうど予防注射の時期だったので、2匹を連れて(それも別々の中型犬プラスチックキャリーケースで)近くの獣医に行った。あいちゃんは相変わらず愛想よく獣医さんにご挨拶しているのだが、すーちゃんはキャリーケースから出ようとしない。逆さにして振ったら出てくるような大きさではないので、仕方なくキャリーの上部をはずして取り出した。

そうしたら今度は固まってしまって、石のように動かない。
どうにか注射を済ませて体重測定。前回よりちょっと増えて8.15キロ。それでも以前もっと体重があったときと比べて、上から見たお腹のふくらみが消えている。やっぱりダイエット食の効果は現れているようだ。
「うーん、もう少し減らしてもいいけれど、まあ骨格が骨格だからこのくらいでいいとしましょう」と、獣医さんは言う。すーちゃんはまた一回り大きくなっているようだ。夏なので毛は少なくなっているが、さすがにこの大きさだと8キロぐらいあってもいいのかもね。

DSC09845.jpg

実はあいちゃんは体重が大幅に減った。
獣医さんのところの体重計ではなんと6.4キロ。すーちゃんとは見た目でずいぶん違うし、抱いても軽い。いや、それでも先代猫のゆきちゃんは4キロなかったから、猫としては大きいほうだ。こちらも、昔と違って上からみたお腹は横に張り出していない。ただし、ラグドール特有のファットパッドだけはとても大きい。ギャロップでこちらに走ってくると、左右に揺れるのがわかるくらいだ。

DSC09859.jpg

あいちゃんはまだ右目にひどい目やにが出るので、今回また違う目薬をもらって帰ってきた。さてどうなるかな。ただし、改善はできるかもしれないけれど、治癒はしないとのこと。小さいときにブリーダー宅でもらった猫風邪ヘルペスのせいだ。これだけは、一生オツキアイして毎日拭いてやるしかないようだ。


ランキング参加中!
下の写真をぽちっとクリック↓してもらえると、あいちゃんもすーちゃんもハッピーに♥♥

にほんブログ村 猫ブログ「ラグドール」へ
バナーが見えない携帯・スマホの方はこのリンクをぽちっとクリックしてにゃん♥♥




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。