サイベラ・ラグドールについて

わたしは猫の専門家ではないし、ましてや知識のあるブリーダーでもない。
ただの猫好きなだけだが、今回ちょっと「毛色の変わったラグドール」が来てしまったので、一応勉強してみた。

サイベラは、米国ではソリッドとして知られているラグドールでもある。実は亜種ではないし、新種でもない。
アン・ベーカーが1960年代最初に「ラグドール」の繁殖を始めたときには、今日ある伝統的なラグドール(ポインテッド、バイカラー、ミテッド)を作り出すのに、ジョゼフィーン(単色、白)とバックウィート(単色、黒)とミッツ(単色、白黒ミテッド)を使ったのだから。

ダニー・デートンと彼の妻はその最初の繁殖から雄雌1匹ずつを購入し、そのポイントの美しさに魅了され団体に公認されるようにつくしたという。もっとも、その活動は彼らの愛したバイカラーに制限されていたらしい。後年(というより最近だが)、ポイントカラーも世界的に公認されるに至ったが、ソリッドカラーはほとんど表の世界からは無視されていた。
それでも、最初のアン・ベーカーからの直系は、いまもソリッドカラーのラグドールとして、少数ではあるが優秀なブリーダーのもとで繁殖されている。

オーストラリアはラグドールの繁殖が盛んだ。日本のブリーダーたちにもかなり譲渡されていると聞くが、現在のところほぼ100%伝統的なラグドール種、それもバイカラーがほとんどらしい。近年では、チョコレートポイント、ライラックポイントも譲渡されているが、数からするとほんの少数だ。

近年、オーストラリア全国で30ほどのブリーダーがソリッドを繁殖するようになり、それにつれて「ソリッド」という名前が問題にあがってきた。ソリッド(solid)という言葉自体「単色」を意味するので、ソリッドと言えど白を含み、タビー(リンクス)もある亜種名としてはふさわしくないと思われるようになったからだ。

ボクのこと?

そこでいきなりソリッドの代わりにあがったのが、サイベラ(Sibella)という名前だ。
これは、オーストラリアの団体のひとつであるANCATS (Australian National Cats Inc.)で2010年から登録され、今ではショーのカテゴリーのひとつとして認可されている。しかし、まだソリッド(サイベラ)ラグドールのブリーダーの中にも、「ラグドールなのに、全く違う名前として登録するのは無意味だ」とするひとたちがいて、いまだに論争のタネとなっている。
アメリカやカナダでは、先にも述べたようにソリッドラグドールとしての名が知られているし、また世界中のブリーダーの中にはこれを「セルフカラード(自己発色)ラグドール」と呼ぶひとたちもいて、話をさらにややこしくしている。

ただし、TICAではソリッド・ラグドールとしてSBT(Stud Book Registry)登録が可能だ。つまり5世代繁殖されている公認登録だ。

さて、専門のブリーダーでもないわたしは、もちろんこのソリッド・ラグドールとラガマフィン(Ragamuffin)の違いがわからなかった。

ラガマフィンは完全にラグドールから独立して登録されている種類だ。元はラグドールから発生しているが、その後の交配繁殖の違いによって今では全く違った猫だが、見た目はかなりよく似ている。
違いは、ラグドールがアーモンド型の目なのにラガマフィンはどちらかというとクルミ型の目、耳の間が平たい頭のラグドールに反してラガマフィンは丸い頭、また鼻筋がラグドールのほうがいくらか長いがラガマフィンは短く丸いと違いなどが挙げられている。

もっと決定的な違いは、ソリッドラグドールではカラーポイントの遺伝子がDNAで確認できることだ。同腹の仔猫たちの中に、ソリッドと伝統的なラグドールが混じって生まれるのは全く普通の出来事と言っても過言ではない。

そして、TICAでもANCATSでも、登録は「ラグドールとしての3つのパターンが確認」されなければできない。つまり、カラーポイント、バイカラー、そしてブレイズ有無を含むミテッドだ。色としては、黒、ブルー、チョコレート、ライラック、白、赤、クリーム、ブルー/クリーム、そしてシール・トーティー、またそれらのどんな色をも含むリンクス遺伝子が含まれる。そのどれもが、伝統的なコートパターンを踏襲していなければならないのは、言うまでもない。

伝統的なラグドールとの違いは、目の色だ。あいちゃんでもわかるとおり、色の濃さの違いこそあれ、全ての伝統的なカラーポイントのラグドールたちは青い目を持つ。ソリッドでは、グリーン、銅色、ブルー、ブルーグリーン、そしてオッドアイの目が可能とされる。すーちゃんの目は、写真のように、緑色だか銅色だかが混じったような色をしている。

というわけで、話が長くなってしまったが、すーちゃんはそのラグドール遺伝子を含むサイベラ(ソリッド)ラグドールで、血統書にもそれが記されている。

わたしもすーちゃんをうちの子として迎えたために初めて知ったことが多く、またラグドール関係のブリーダーの方たちにも興味があるだろうと思ったので、ここに調べた限りの情報を記すことにした。どちらかと言うと自分用のメモなので、自分が知りたいことしか書いていないが。
全てすーちゃんのブリーダーからの情報と、自分でネットで調べたことの結果だが、もっと知りたい方たちはSolid Ragdoll、Self-coloured Ragdoll、またはSibella Ragdollで検索すると沢山出てくると思う。



いつもご訪問ありがとうございます。猫がいきなり2匹になってしまいました。ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ  人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック