ブリーダーへの電話とあいちゃんすーちゃん第2日目状況

今朝早くの猫ガキ2匹。

猫と猫タワー

もう少しすーちゃんに関しての情報が欲しかったので、昨日は直接ブリーダーに電話をした。

はじめまして、すーちゃんです」に書いたとおり、先日チョコレートリンクスの子のことで電話したのに、すでに忘れちゃっているらしい。
最初は「アンタ誰?」という不信な響きが声からわかったが、「Toblerone(すーちゃんの血統書名)」を元の飼い主から譲ってもらったのでちょっとお話をしたい、と言うといきなり調子が変わった。
「まあ、トブルローネの里親ですって?でもXXXさんはまだ3ヶ月も飼っていないんですよ。何があったんですか?」
「3歳の先住猫が全く受け付けないんだそうです。」
「ええっ あのラグドールが??」
「あら、ラグドールだったんですか。わたしは見ていませんが。」
「ふうん。それは、また。。。。いや、わたしがトブルローネをお届けに行ったから覚えているんです。かわいくておとなしいラグドールでしたけれどねえ」

あなたのサイトには、仔猫は去勢してからお届けと書いてあるのにトブルローネはなぜまだ去勢されていないのか、という問いには、「あら、それは彼女が自分の獣医が6ヶ月以前の去勢に反対なので、絶対手術はダメだと言っていたからです。だから、手術代はひいてお渡ししました。そして、手術済みの獣医の証明書がなければ血統書は渡せないと伝えておきました。だから、彼女はまだ血統書を渡されていないんです。」
なるほどね。

「でも、早いうちにやったほうがいいですよ、あなたのお話ではトブルローネはすでにかなり大きいようですから、発情期も早いことがあるんです。1度発情期が来たらスプレーが始まりますし、他の猫との同居も雄はもっと難しくなりますよ。えっ1ヶ月ぐらい待ってみる?いえいえいえいえいえ、できるだけ早く、です。あと2週間ほどで6ヶ月でしょう?」
キャッテリーのおじさんも同じことを言っていたので、こりゃあすぐにしなきゃあと思い、その後昨日(土曜日)のうちにすでに獣医に電話。明日月曜日に去勢手術。(セッカチなんだってば)

それから、本題に。すーちゃんの威嚇と極度の怯えについて。
「威嚇ですって?あのトブルローネが?あの、女の子みたいにスイートで一番愛らしくて人懐っこくて、誰にでも抱っこされていた子が?」
電話では心底驚いているように響いた。
「その家族のことはよく知らないけれど、4歳の男の子というのはまだ小さいから、どうやって仔猫を扱っていたのかもわかりません。子供は自分のやりたいように仔猫と遊び、それを虐待なんて全く思っていないってことも考えられます。また、子犬とは仲がよかったと言いますが、子犬の遊びは仔猫よりはるかに乱暴ですよ。もしかしたら本当に緊張とストレスでそんなふうなのかもしれませんが、なんだか気になりますね。」

オーストラリアではブリーダーの言葉を全て鵜呑みにするわけにはいかないことは、すでに経験から知っている。それに、昨日の記事にご自分の猫のことや体験をコメントで残してくださった方たちもいて、本当に有り難くてほっとしたところだ。わたしに出来るのは、あいちゃんと同じように優しくしてあげることだけ。もちろん、あいちゃんに対して以上にかわいがると、今度はあいちゃんが嫉妬しても困るので、ほどほどに。

いずれにせよ、すーちゃんはもう「がびんちの子」なので、実はそんなことはどうでもよくなっちゃっているのだった。うふん。これからあいちゃんと一緒に幸せになればいいよね、と思うばかり。

えーと、昨日書いた2匹の体重に誤りが。
実はこんなものをバンコクから買ってきた。このほうがきちんと測れるよね、と思ったのだ。今までは足が出たり、手が落ちていたりしていたからね。

あいちゃんは3.57kg

すーちゃんは4.05kg

あいちゃん、やっぱり小さいね。すーちゃんはもうバスケットの周りみっちり埋まっているが、あいちゃんはかなり隙間がある。キャッテリーに行く前に測ったときには3.45kgだったが、果たして正確だったかはわからない。これからは、一応バスケットで測ってみよう。体重の増減で、どのくらい食べているかがわかるので。あいちゃん、依然としてムラ食い。

すーちゃんは、今までカリカリで育ってきたようだが、ウチに来てから少し生肉もやってみた。いやー、大好きみたいだ。「こんな美味しいものは食べたことないにゃん」とばかり、ペロっと食べてしまい、あげくの果てムラ食いあいちゃんの残した生肉までさらってしまった。
こりゃあ、気をつけないと。カリカリを食べなくなってしまっても困る。

今日はかなり甘えてくれるし、だいぶ歩き回っている。あいちゃんは、気になってあとを追ったりしているが、取っ組み合いは1回だけ。あいちゃんは遊んでいるように見えるが、すーちゃんは本気にして「しゃー」と「ぐるぐる」という低い唸り声も出して戦っているように見える。だから、あいちゃんが嫌になって離れる、というような具合。ため息。

さっきなんか、並んでこんなこともしているが、決して相手には触れないし、決して親しそうでもない。キミたちは、猫パンチ以外に相手とスキンシップなんてものはしないのかね。

ドアの2匹

夜中は、すーちゃんには当分洗濯室で寝てもらうことにした。実はそのままにして寝ようとしたら、「夜中の運動会」が始まっちゃったので。


いつもご訪問ありがとうございます。猫がいきなり2匹になってしまってアタフタオロオロしています。ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ  人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。