休戦中の悪ガキたち

英語でTruceと言ったら、「休戦状態」「停戦」の意味だ。
ものすごく有名なのが、第1次世界大戦中にドイツとフランスの戦闘地でクリスマスを祝って停戦が行われたときのこと。まあ、それほど大それた停戦ではないが、小さながびんちでも小さな停戦が行われることもある。

たとえば、今晩。
「しゃー」と「がるるる」と「ふにゃっぐにゃっ」と目が合うたびに闘いを繰り広げる2匹の猫ガキだって、たまには疲れる。その「たまに」がやってくると、こんな感じでなぜか一緒にごろりんと横になる。

休戦中

こういうのを見ると「ああ....」と激しく期待してしまうのだが、残念ながら長続きしない。

わたしは、ずっと独りっ子でいたあいちゃんが遊び方を知らないからかな、と思っていたが、もしかしたらすーちゃんも「3歳の雌猫にいじめられていたトラウマ」があって、遊びだとわからずに反応がいつも「しゃー」になってしまうのかもしれないね。

しかし、昨日あたりから「新しい闘争」も始まっている。
あいちゃんはすーちゃんのゴハンのところに行って、カリカリをつまみ生肉をがつっと一口かじり、最後に床をカキカキして「これはボクんだぞ」と見せつける。そして、すーちゃんはすーちゃんで、あいちゃんのゴハンのところに行って、全く同じことをする。

ゴハンだけじゃない。トイレだってそうだ。
あいちゃんは、隙を見てすーちゃんのトイレ(前飼い主から引き取ったクリスタル砂)に行ってオシッコをする。すーちゃんだって負けてはいない。気がつくと、「あいちゃんのトイレ」(このごろでは、固まる猫砂)でそそくさとオシッコをして、すでに砂をがさっがさっとかけている。

なんなんだよ、これは。



いつもご訪問ありがとうございます。猫がいきなり2匹になってしまってアタフタオロオロしています。ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ  人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック