生後10週間のあいちゃん

日本にいるとき母に見せたかったのに、ブリーダーのアンジェラからメールで写真が届いたのは今日。
あいちゃんは生後10週間たって、今日から11週目に入った。

ところが、7匹のうちの1匹が目の感染症にかかったと思ったら、あれよあれよと言う間に、全員にうつったらしい。おかげで、全員に薬を飲ませ、朝晩目薬をさす、という雑用も加わり、アンジェラのメールはいつもより短い。

わたしのうちに来る来月の初めには完治している、と獣医が言っているそうだが、送ってきた写真を見ると、なるほど右目がひどいことになっちゃっている。大丈夫なのかなあ。ちょっと心配。

aichan10weeks1

でも、やっぱりかわいい!

写真は、もちろんアンジェラの旦那さんが撮ったのだろう。いつものようにボケボケだったので、ちょいと修正してある。うちに来たら、もっとちゃんとしたカメラできれいに撮ってあげるからねー。

aichan10weeks2

写真は4週間前にこの目で見たときと違って、モコモコの赤ちゃんっぽい体型ではなくなり、少しずつもっと猫らしくなってきた。

しかし、耳がバカでかくて、足も大き過ぎる。毛もまだ短い。何とも形容し難い、不思議なアンバランスさ。成長途中の10代の男の子がいきなりひょろりと背ばかり高くガリガリ、腕と足が伸びて、オマケに靴のサイズは大人顔負け、というのによく似ている。

ラグドールは成長の遅い種なので、本来の毛の色と大きさが定まるまで3年から4年かかるという。
このあいちゃんが、どうやってあと4年かかってこのオトウサンのフレーザー(↓)みたいになるんだろう。どうも想像できんぞ。
耳毛の多さはすでに似ているが。この写真ではわからないが、フレーザーもクリーム色の耳毛がボウボウに生えていた。

fraser.jpg

さて、夏休みもあと残すところ1週間。
あいちゃんがうちに来るまで、あと2週間ちょっとになった。



関連記事

コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。