脱走対策に悩む、悩む。

今晩、帰宅して裏庭からドアを開けたとたん、ほとんどドアにくっつかんばかりに内側で待っていた悪ガキどもに遭遇した。

ぎょ。

あわててまた閉めてから荷物を持ち直し、今度は開けたとたんに荷物で悪ガキどもを押し、「防壁」を作りながらすばやく入ってドアを閉める。それでも、今度はあいちゃんが「出られるかな」と鼻を突き出しているのを目撃。

なんなんだ、コレは。一体どうしたんだ。

裏庭ドアの様子

実は、この悪ガキどもは「真似っこ」をしながら暮らしている。

今まで独りだったときに、あいちゃんはゴハンのおねだりをしたことがない。それなのに、1日2回の生肉を楽しみにしているすーちゃんは、時間になるとキッチンの足元で泣き続ける。デカイ図体に合わない、ものすごく甲高い「ひやややや、ひやややや」という声だ。

隣にピッタリくっついたあいちゃんは、「まあ、取りあえず、ヤツがここで待っているんだからボクも」というわけで、やっぱり足元でウロウロする。

代わってすーちゃんは、あまり上に行きたくなかった猫なのに、あいちゃんがあまりにも楽しそうに猫タワーを使っているので、自分も高いところに行ってみたくなったらしい。今ではどちらもずっしりと重く、高所に鎮座している。

だから、すーちゃんがこうやってドアにぴったりくっついて開くのを待っているのを見て、あいちゃんが「ボクも」と考えたのは、当然かもしれない。
今まであいちゃんはわたしがドアを開けて中に入ってから、おもむろに猫タワーから降りてきていたのに。

さて、どうやって脱走防止をするか。
裏庭に続くドアはリビングルームのど真ん中にあるので、あまりインテリアをジャマするようなものは置きたくなかったんだけどなあ。



★オマケ★

昨日撮った写真。これだけ見て「仲が良い」というのは願望が多少入っているけれど、確かにキライならこんなに近い場所で寝ないと思う。

仲良くネンネ

これは、ぐっすりあいちゃん。

あいちゃんぐっすり

そして、ぐっすりすーちゃん。

すーちゃんぐっすり

今朝、明け方仲良く一緒にわたしのベッドで寝ていた悪ガキどもは、眠い目をしながらも電気がついたと知ると、毛繕いを始めた。そして、「お、オマエここにいたんか」と歩み寄り、全然優しくない荒々しいナメナメを相手の身体にし始める。ざりざりざり。もっと丁寧にできないのかねえ、と思ったのもつかの間、5ナメしたあいちゃんがいきなりすーちゃんの首っ玉にがぶり。すーちゃんも負けてはいない。首をかじっているあいちゃんの頭をがぶり。

あーあ、始まっちゃった。




いつもご訪問ありがとうございます。猫がいきなり2匹になってしまってアタフタオロオロしています。ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ  人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。