仔猫たちのがうがう遊びを写真と動画で証明してみよう

ガスヒーターを置いたせいで、あまりにも近くにあった猫タワーをキャビネットの隣に移した。タワーからガスヒーターに飛び降りられてはたまらない。

ところが、想像通り、今度はキャビネットの上にジャンプするようになってしまった。時々天井近くでだらーりと横になっていると、あのまま寝返りをうって落ちたらどうしよう、と気を揉んでしまう。
いや、すでにあいちゃんは落っこちているのだ。キャビネット左上の角から両前足を壁にかけ、天井の角に向かってふんふんと匂いを嗅いでいたら、前足がすべってがたがたとキャビネットと壁の間からずるずるずる、どさり。幸い足から着地したので、そのまま照れくさそうに毛繕いを始めてしまったが。

キャビネットの上が気に入ってしまったのは、あいちゃんだけではない。もちろん、すーちゃんだって重い身体にもかかわらず結構身軽だ。

要するに、今まで猫タワーでやってきたことが「わたしに手が届かない天井近く」に移ってしまったのである。

キャビネットの取っ組み合い1

キャビネットの取っ組み合い2

キャビネットの取っ組み合い3

ここで、もちろんわたしの一喝。
いいかげんにやめいっっ。

キャビネットの取っ組み合い4

ため息....。


仔猫たちは飽きっぽいイキモノなので、さっきはキャビネットの上でがうがうやっていたかと思うと、今度は猫タワーに決戦が移る。

あいちゃんがよく足に向かって甘噛みするのはよくないなあといつも思うんだけど、実際はどうなんだろう。すーちゃんが「ひやん」と言うたびに、わたしのほうが飛び上がってしまう。過保護なのかなあ。



しかし、ほんのちょっと前に「がうがう」やっていたと思ったら、結局仲良くおもちゃで遊んでいるのが面白い。すーちゃんは、「ひやん」と言ったにもかかわらず、逃げない。と言うことは、痛くなかったの?

変わってあいちゃん、落ちちゃって面目ないね。ビデオを撮られたあとは、すっと遠くに逃げて何事もなかったかのようにまたもや照れ隠しの毛繕い(笑)。




いつもご訪問ありがとうございます。猫がいきなり2匹になってしまってアタフタオロオロしています。ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ  人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。