あいちゃん専用の気まぐれ猫ハウス

あいちゃんは、小さいときから眠る場所が決まっていなかった。食事だって、決まった時間に決まった量を食べない「ムラ食い」だから、まあ、同じようなものだ。

だから、気の向くまま、色々な場所で眠りこける。猫タワーの上で首や足が落ちんばかりになっていたり、椅子やテーブルやベッドの上にヘソ天で大きく開いたり、ベッドの下にもぐりこんだり。

そして「家の形をした猫ハウス」にも入る。
実はこれは、先代猫ゆきちゃんの形見だ。白の長毛雑種だったので、他の色だとべったりと抜け毛がついて目立つ。それならば、と購入した真っ白な屋根付きコロコロ猫ハウスだった。そして、ゆきちゃんは1度も使ってくれなかった。種が変わろうとも、年が変わろうとも、猫はみーんな気まぐれなのである。

で、今晩はその「猫ハウス」に寝ることにしたらしい。

おお、結構ハンサムにこちらを向いているじゃあないか。普段は、カメラの大きなレンズを見せるとそっぽを向いてしまうのに。

あいちゃんの気まぐれ猫ハウス1

と思ったら、あらら。中でごろんと横になったらしい。

あいちゃんの気まぐれ猫ハウス2

軽いから仕方ないんだけれど、ちょっと見ただけでは「一体この物体が何なのか」わからなくなってしまった。

ちなみに、すーちゃんはこのiglooと呼ばれる猫ハウスにはちっとも興味がない。だから、奪い合うこともなく、あいちゃんが何度も強調するまでもなく、このヘンテコな形の猫ハウスはずっとあいちゃん専用になっている。





いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来ていただいて、ありがとうございます。忙しくて騒がしくて楽しい毎日です。ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ  人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック