あいちゃんが飛んだ!

あいちゃんをもらうにあたって、色々調べてみたら、どうもラグドールという種はどちらかというと高いところより床のほうが好きだ、とあった。ふうん、そんなものかと思っていたら、幸か不幸か、あいちゃんは両後ろ足を骨折していたのでジャンプどころの話ではなかった。

それから、段々と飛ぶようになった。いや、最初はもちろん「よじ登る」だった。わたしの足をよじ登る。オフィスチェアの布クッションの部分に前足を引っ掛けてよじ登る。

猫タワーを買ったら、今度は台を伝って器用にジャンプとよじ登りを披露するようになった。

そして、すーちゃんが来た。
最初はソファーの上にさえジャンプしなかったが、今では猫タワー横のキャビネットまで軽く登ってしまう。爪を引っ掛けてよじ登るなら、ソファーの背もたれだって軽い、軽い。

でも、どちらもキッチンカウンターにだけはジャンプしなかった。
ここは爪を引っ掛ける場所がない。90cmの高さをひとっ飛びしなければならない。

先代猫ゆきちゃんは、軽くぽんとカウンターに飛び乗った。だから、猫というものは飛ぶものだと思っていたフシがあったが、おとなしくってあまりいたずらをしなかったユキちゃんに比べると、ヤツラはあまりに「やっちゃいけないこと」をするのがダイスキだ。
色々なものを置いてあるカウンターにジャンプしないのは、ラッキーだと思った。

ところが。

昨晩ひょいと見たら、あいちゃんがいきなりキッチンのカウンターにいる。

あいちゃん、ジャンプする。1

えっ。

どうやって登ったんだろう、と思って無理やり降ろしてみた。そうしたら、こちらがわにあるカウンタースツールに飛び乗ってから、カウンターに行くとわかった。スツール自体は75cmぐらいの高さだ。

あいちゃん、ジャンプする。2

昨日は、そのまま晩ゴハンの豚肉を炒めているそばまでやってきたので、ビックリ。あいちゃんは、好奇心のほうが用心よりはるかに優っているので危ないのだよ。

スツールをカウンターから離さなきゃならないかなあ、と思っていたら、今晩はもうそれも無駄なことに気づいた。

あいちゃん、ジャンプする。3

あいちゃんは、とうとうキッチンの内側から一気にジャンプすることを覚えてしまったのだ。つまり、90cmの高さを途中の中継ぎなしでひとっ飛び。(注:こちらのカウンターは平均身長のせいで、日本のものよりはるかに高さがある)
普通の猫たちには何でもない距離かもしれないし、あいちゃんのほうがすーちゃんより運動神経が良いのは知っているが、今まで見たことがなかったわたしにとっては青天の霹靂。

それとも、ほかのラグちゃんたちはみな平気でぴょんぴょん飛んでいるのかなあ。





いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック