今日のところはブリーダーの元へ(涙)

あいちゃん、来たっ....と思ったら、えー、立てないんですけど。

いや、痛がるとかそういうのではなく、立てない。どうも右後ろ足がオカシイ。色々やって、立たせようとしたんだけど、座るか寝っ転がってしまう。変でしょ?
遊ぶことは大好きのようで、知らないウチに来たばかりなのに、ボールはかみかみオモチャはけんけん。もう無我夢中なので、微笑ましいくらい。わたしが抱き上げたら、ネックレスにちょいちょいとチョッカイを出す。

そして、自分の猫になる「予定」だから、という直接の理由を抜きにしても、ものすごくキレイな猫だ。

しかし、痛みはないようだが、そんな第一日目で問題があるなんて、困る。きちんとしておきたい。何しろ20年は一緒にいてもらわなければならない猫なのだから。

ブリーダーが言うには、昨日「麻酔付きの」去勢手術をしたせいでお昼ごろはちょっとフラフラ。でもそのあとは元気になって、走り回っていた。で、ちょっと目を話したすきにコーヒーテーブルから落ちた。でも、何ということもなく、そのあとも走り回っていた。

「麻酔付き」とカッコを加えて書いたのには、わけがある。「普通は、麻酔なんかしないでほんのちょっと切って、タマを絞りだして(うわー)繋がってるところをちょんと切る(うわー)だけなんだけど、仔猫だしどうする?」とはブリーダーのアンジェラの言葉。

麻酔なしの去勢手術なんてー、と思ったわたしは「すみませんが絶対麻酔をっ」とお願いしてしまったというわけ。

もしかしたら、その麻酔でまだ痛みなしのぼうっとしている状態のときに、えらくハイになって遊び回っていたのではないか。そして、そのときにテーブルから落ちたので、痛みも何も感ぜずにまだ走り回っていたのではないか。

というのも、わたしが学校で階段を踏み外して転落したときも、最初の2時間は全く痛みがなかったのだが、その後段々痛くなって、最後には右上半身が動かなくなった。救急病院直行という結果になったのだ。

だから、あいちゃんも、麻酔が完全に切れた時点で痛くなったのかもしれないな、と思った。

結局、今まであいちゃんを診ていた医者に見せるのが一番ということで、1時間もしないうちにまた車の中に戻されて、ハイさよなら。

.................

と、ここまで書いたら、アンジェラから電話。

「全く、あんなに心配していたのに、たった今兄弟とわたしのそばで走り回っているのよっ。疲れたのか、少しの間横になっていたかと思ったら、もう元気に遊んでいるんだけど。でも、大事をとって、明日の朝また医者に連れていって、もし何でもなかったら、また夕方に連れて行くわね」

何が何だか、どうなっちゃっているんだろう。

どちらにしろ、明日また来たら、きちんと立てるかどうかこの目で見なければ。
そして、週末には絶対に近くの獣医クリニックに連れていって、もう1度きちんとわたしのほうで検査をしてもらおうと思う。アンジェラを信用していないわけではないけれど、何だか心配なのだ。ぐす。



ランキングに参加してみることにしました。ぽちっぽちっと2クリック、よろしくお願いします。
↓   ↓   ↓       ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ   人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック