留守中のあいちゃんすーちゃんの様子

リサに電話。
最初は留守電だったので、「あとでもう一度電話するから」と伝言を残した。

パース時間で5時半ごろ電話をしたら、ちょうど猫たちの晩ゴハンから戻ったところだった。
「元気よー。すーちゃんなんかもう玄関のドアを開ける前から、ふにゃふにゃ鳴いているもの」
ええっ。なんで、すーちゃんなの。
「あ、いや、ものすごーくゴハンを待っていたみたいで、ゴハンあげるまでわたしの足にピッタリくっついていて離れないんですよ」

ああ、それならわかる(笑)。
すーちゃんは、ウェットフードが生き甲斐なので、ゴハンの時間になると「まるで1週間ぐらい絶食していたように」そわそわするのだ。
あいちゃんはどちらかというとカリカリのほうが好きなので、ウェットフードにはあまり口をつけない。食べても半分ぐらいだ。常駐してあるカリカリを好きなときに好きなだけ食べて満足。ファットパッドのほかは、かなり細身と言ってもいい。

aichan_past.jpg

代わって、すーちゃんとなるとこれは話が違う。
なぜかウェットフードのほうが好きで、あいちゃんの残したぶんまでペロリと食べてしまう。そのせいで、このところ、1日2回のウェットフード(パウチフード1/4、生肉大さじ2杯)を少し減らした。カリカリの補助食なのに、これを主食にされても困るからだ。カリカリを食べているところもかなり見るが、ウェットフードに比べると「仕方なく」というふうなのが明らか。

しかし、成猫用カリカリに変えてからすーちゃんの体重は増えていない。巨大猫なのはかまわないが、横に巨大になられてはマズイので安心している。食事制限をするまでもないということだ。

リサは猫を飼ったことはないが、きちんと世話をしてくれているみたいだ。
毎朝8時ごろにがびんちに入り、キッチンの電気を消し、リビングのブラインドを開ける。夜はだいたい5時から5時半にやってきて、今度はブラインドを閉めてキッチンの電気をつける。前回の記事に書いたとおり、毎日猫の餌やりだけではなくきちんと他のこともやってくれる。
留守の間にこれだけのことをしてくれるようなシッターさんは普通いないので、ラッキーだと言うほかはない。

電話で話していたら、リサが「くすり」と笑う。
「リビングのソファの上にあるクッションは、毎日下に落ちているんですよ。わたしが掃除をしに来るときだけじゃなかったんですねえ」
そりゃ、そうだろう。毎日朝晩の「大運動会」は欠かさないだろうから。

これは、わたしがまだいたときに撮った写真。
夜の大運動会では、ソファーに飛び乗りクッションを蹴散らかし部屋中走りまわる。結果、ソファの辺りがこんな感じになるんだ。

livingroommess.jpg

懐かしいなあ…ってまだパースをたってから1週間もたっていないのに。ぐす。



いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ


関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。