母のマグカップを盗んだゆうちゃん

あいちゃんとすーちゃんは「勝手気ままに生活している猫」というのが、その「義理のオバサン」のゆうちゃんと比べるとよくわかる。
ゆうちゃんは、「勝手気まま」というより「アタシを見て!アタシと遊んで!アタシをかまって!」だ。行動があまりに猫と違うので、見ていて楽しい。

新鮮な水の容器はいつもケージにあるのに、ゆうちゃんは水が飲みたくなるとテーブルに前足をかけて「わん」と短く鳴く。誰も気づかないと、また「わん」だ。これは誰かが「なあに?」と言うまで続く。そうすると、ゆうちゃんはテーブルの上にある「わたしが母に買ってきたオーストラリア土産の珈琲マグ」を見てから、母の顔を見てまた「わん」と鳴く。つまり、喉が乾いたのである。

yuchan_water2.jpg

これを初めて見たときには、ビックリして湯呑みを落としそうになった。
「お母さん!なにコレ!」
「だって、飲みたいって言うんだもの」

コトの始まりは、この「オーストラリア野生シリーズ」のひとつ、パースの自宅庭にも来る色鮮やかなロリキート(インコのような鳥)の絵柄の珈琲マグだ。わたしが去年の正月におみやげとしてあげたこのマグを、母は薬を飲むための水飲みとして使っていた。
ところが、ナミナミと入れておいたのにどうも少ない。おかしいな、と思いながらもそのまま使っていたら、あるときゆうちゃんが首を延ばしてテーブルの上のマグに鼻をつっこんでいるのを発見。
「あらやだ。アタシったらゆうちゃんと同じマグカップで水飲んでいたのねっ」

というわけで、わたしに「ねえ、もう一個マグカップ買ってきてよ」となったのである。
今回同じシリーズで同じ形、ちょっと違った柄のものを持ってきたので、テーブルの上はこんな具合になっている。

yuchan_cup.jpg

「夫婦(めおと)茶碗じゃん、それじゃあ」と妹は大笑いをしたが、ゆうちゃんと母が同じマグカップを使うよりいい。
まったくなんてワンコだ。

これがホントの「メオトじゃワン」。



いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ



関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。