ラグドールが高い所がキライだなんてウソだあぁ

オーストラリアのがびんちは天井がものすごく高いので...って、どのくらい高いかというと270cmぐらいある。つまり、160cmのわたしが椅子の上に乗って手を思いっきり上に上げても、天井には届かない。天井の灯りの電球を換えるのには、踏み台ではなく「ハシゴ」を使わなくてはならない。これが、結構怖いんだな。

ま、なぜ天井の話が出たかというと、うちの猫どもはよくかなり上のほうにいるからだ。
今晩は、そんな天井近くにいる彼らを撮るために椅子の上にのぼってみた。
あいちゃんのいる猫タワーは180cmぐらい、そしてその横のクリスタルグラス類が入ったキャビネットは、2m近くある。で、わたしがどうやってこの写真を撮ったかというと.....椅子の上で目一杯腕を天井に延ばして、なんとかシャッターを切ったというわけだ。物好きだよねえ。

DSC_0013.jpg

オーストラリアでネットや本で調べた限りでは、ラグドールは「床猫」(ゆかねこ)であるという言葉をよく見かける。つまり、ラグドールはどちらかというとジャンプもしないし、高いところにものぼらない。

そんなことないんだけど。

ラグドールユキのころりん生活のユキちゃんだってタンスの上にのぼるし、うちのデブちん(=すーちゃん)でさえ軽くキャビネットの上まで駆け上がってしまうんだから。

しかし、あいちゃん。
32センチ四方のタワー台の上で今にも落っこちそうになっているけど、大丈夫なのかね。アタマのところ以外、ほとんど台が見えていないというのがミソ(笑)。


いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ


関連記事

コメント

トラックバック