ブリーダーへの怒り:あいちゃんは骨折していた

2011年2月11日のあいちゃん

今日、違う医者の所にあいちゃんを連れていった。

歩き方を見た獣医は、「これは骨でしょうね。確信がないのでレントゲンを撮ってみましょう」とすぐに言った。

写真ができたあと、それを見ながら「やっぱり。足は両足とも骨折していますね。ほら、こことここ。そして、骨自体がとても細い。細すぎる。カルシウム欠乏症ですね。放っておいたら、またどこか骨折しますよ。つまり、骨粗鬆症のおばあちゃんと同じなんです。」

ブリーダーから「毎日の食事」と言われていたのは、ロイヤルカナンのカリカリと生肉だ。どちらも食べていた、と言っていたからそれをそのまま信用していたが、「いや、これは全然食べていませんね。あなたのお宅で生肉しか口をつけようとしなかったのなら、たぶんブリーダー宅でもカリカリは食べていないでしょう。沢山仔猫がいたなら、気がつかなかったのでは。だから、こんなにカルシウム欠乏になっても知らなかったんですね。市販のものはカルシウムを強化していますが、生肉だけではカルシウムは充分じゃないですから。でも、大丈夫ですよ。まだ若いし、これからカルシウムを強化すれば、改善します。骨折も時間はかかりますが、治ります。」

ということで、液体カルシウム剤の投与は今日から。

オシッコをするときに「にゃんにゃん」と泣くのは、つまりしゃがめないからだ。しゃがもうとすると、骨折した部分が痛い。だから、泣いていたのだ。かわいそうなあいちゃん。

ウンチが出ないのも、足が痛くて、中腰になって力めないからだろうとのこと。
ただこれは、そんなに心配することはない、と言われた。「出ますから、大丈夫。それより、どのくらい毎日食べているかきちんと見てくださいね。」

お次は目。
「猫ヘルペスウィルス感染症からですね。親猫か近くにいた他の成猫から移ったんでしょう。これは目薬で治ります。家猫で外に出ないのなら、またヘルペスが出ることもないでしょう。疲れたり、血が流れるような怪我をしないかぎり。」

目薬は、引き続き投与。
ヘルペス用の薬ももらったが、こちらはカルシウム投与を10日続けてから始めるように、と言われた。「骨がこれだけ細いと、もちろんアゴの骨も弱いんです。ヘルペス用の薬は錠剤ですから、口を大きく開けて喉に押し込む形になります。それをすると、アゴも足のように砕けてしまうかもしれないからです。」ひえー。

さて、そのヘルペスの右目に関しては、「人間でも右と左で目の大きさが違うひとがいますよね。それと同じで、この猫は少々右目のほうが小さいようですけれど、まあヘルペスが治まったら、可愛い目になると思いますよ」

つまり、一生右目は左よりちょっと小さいということだ。でも、以前の6週間目の写真や動画だと、右目も左目も同じ大きさだったんだけどなあ。
「まあ、もう少し様子を見てください。ヘルペスがあるから、腫れがひいて治るまで、まだはっきりとはわかりませんし。」

感じのよい中年の獣医師で、話もわかりやすい。いいクリニックを見つけた。これからも、ここでお世話になりたいと思う。彼のほかに4人ほど獣医がいて、設備も色々と整っている清潔な病院だ。

さて、今までは「ブリーダーへの不信」だけだったが、今それは「怒り」に変わっている。

あれだけ、歩き方がヘンだったのに「いや、診察台から落ちて捻挫しただけ」と自分の獣医師と一緒にわたしを説得しようとしたのは、なぜなんだ。

カルシウム欠乏症になるまで気づかずにいて、カリカリも生肉も食べるよ、と今まできちんと見ていたかのように平気で言えるのはどういう神経なんだ。

ヘルペスにかかっているのは一目瞭然だ、と獣医は言った。そういう目をしている仔猫を「風邪をひいたかもしれない」などと言って知らぬ存ぜぬの態度は許せない。

それにしても、どうやってこれだけ沢山のトラブルをかかえている仔猫を「前日に去勢手術までして」届ける必要があったんだろう。もし正直に「実は…」と話をしてくれたら、わたしだってその日にどうしても欲しいなどとは、露ほども思わなかっただろうに。2週間や3週間ぐらい、待っただろうに。多少大きくなったところで、あいちゃんに変わりはなかったのに。

ブリーダーのアンジェラには、獣医から直接メールを書いてもらった。どれだけ、あいちゃんに問題があったかを。
このままでは済まさない。「上手くやった」などと思われてはたまらない。
でも、だからと言って、あいちゃんをアンジェラ宅に戻す気は全くない。あんな所に戻したら、売り物にならない仔猫なんか密かに始末されてしまいそうだ。

いずれにせよ、この骨折の後遺症で足の形がよくなかろうが、右目がちょっと小さかろうが全くかまわない。わたしを見上げて、小さな声で「ふみゃ」と鳴くだけで、もうメロメロなんだから。

だって、わたしのあいちゃんだもの。



ランキングに参加してみることにしました。ぽちっぽちっと2クリック、よろしくお願いします。
↓   ↓   ↓       ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ   人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。