すーちゃんを舐めるのはボクのお仕事

初めて2匹一緒にキャッテリーにあずけたのは、去年7月だ。
そして、どちらも猫風邪をもらって帰ってきた。

あいちゃんは、涙目がひどくなったぐらいですぐに症状は軽くなったが(元々持っているから治りはしないけれどね)、初めてかかったすーちゃんは違った。熱が高く何日もウツラウツラしながら過ごした。

それを見たあいちゃんは、態度が変わった。それまで追っかけっこをしたり、いきなり取っ組み合いをしかけていたのに、このときから妙に「良い子のお兄ちゃん」になってしまったのだ。ずっとそばを離れない。抱きつきはしないが、それでも優しかった。アタマを舐めてあげたり、心配そうにふんふんと匂いを嗅いだり。

その7月に撮ったビデオはこちら。あいちゃんもすーちゃんも9ヶ月前後の仔猫だった。
それにしちゃデカイが、それはまあ、ラグドールなので...。(しどろもどろ)



すーちゃんも時々あいちゃんを舐めていたが、そのときから舐めてあげるのはあいちゃんだけの役割になった。すーちゃんは自分の毛づくろいさえ下手クソなので、めんどくさくなっちゃったのかもしれない。舐められすぎて耳のところの毛が薄くなっちゃったこともあるが。

さて、今晩のダイニングテーブルの上。
生徒の成績表コメントを書くわたしの横で「長々と、丸々と」寝ているのはすーちゃん。

suchanzzz1.jpg

suchanzzz2.jpg

あいちゃんはわたしの横の椅子が好きだ。撫でてもらいたいときにちょっと膝に手をかけてトントンと叩くと、すぐに撫でてもらえるからだ。

今日もそんなふうに椅子の上に座り毛づくろいを始めたあいちゃん。すぐにすーちゃんのアタマに気づいて耳をナメナメ。耳を舐めてくちゃくちゃとカミカミするのは、双方気持ちがいいものらしい。ヘンな猫たちだ。下のほうにある「日本ブログ村」のバナーも、そんな2匹の様子。

suchanzzz3.jpg

と、ここまではいいのだが...そのあとすーちゃんが気持ちよくってのび〜をした。そして、あいちゃんはさらに首を伸ばしてアタマをナメナメ。アタマの下にあった書類は、もちろん「2匹の協力のもとに」全部床にざざっとたたき落とされてしまった。やれやれ。

見ているぶんには微笑ましいんだけどねえ。

日本ブログ村へのランキングバナーを変更してみました。ずっと仔猫のままだったので成長した2匹の写真で。
これからも、あいちゃんとすーちゃんをどうぞよろしくお願いします。


ランキング参加中!
バナーをぽちっとクリック↓してもらえると、あいちゃんもすーちゃんもハッピーに♥♥

にほんブログ村 猫ブログ「ラグドール」へ




関連記事

コメント

トラックバック