土曜日の朝、あいちゃんは忙しい

今日のあいちゃん。

あいちゃんと鈴

例の鈴をタコ糸に結んだだけのシンプルなおもちゃに夢中。えいやっとばかりに飛びかかったり、がしがしと噛んだり大忙し。今日は昨日より調子が良いようで、走り回るというわけには行かないが、「早足」でリビング中を行ったり来たり。いたずらも多いので目が離せない。

フロアランプもかじられたし、テレビの裏に潜り込んで出られなくなり「にゃおんにゃおん」と鳴いてお知らせ。だから、ずっとそばにいて遊んでやっていたのだが。

ちょっと目を離したすきに、
あいちゃんは、網戸をてっぺんまで登ってしまった。

朝のうちはまだ気温も高くなかったので、裏庭へのドアを網戸にしておいたのだ。足が悪いから、まさかそんなところを登るとは思ってもみなかった。それなのに、コンピューターでメールをチェックしていたら、ひょいと目の上の高さまで何か白いモノが網戸を伝って....ぎゃー、あいちゃん、何やってんのよっ。

セミのように網戸にはりついているあいちゃんを、急いで降ろしに飛んでいったが、わたしのほうが心臓がどきどきどきどき。

写真では見えにくいが、裏庭へのドアは観音開きで、網戸は両脇に巻き込まれるタイプ。真ん中でぱちんと磁石でくっつくようになっている。だから網戸の窓枠は真ん中だけだ。
網戸とあいちゃん

あんまり驚いたから写真なんか撮れるわけもない。いやービックリした。

あいちゃん、網戸の前で

今までは猫風邪でかなりおとなしかったが、抗生物質が効いてきたようだ。なぜか昨日あたりから元気で元気で、ひとつの所にじっとしていることがない。じっとしているのは寝ているときだけだ。もちろんへそ天で。

そして、もうひとつお気に入りのおもちゃを見つけた。
なんと、スーパーのビニール袋。持ち手のところは首が入ると危ないので切ってしまったが、ぐしゃぐしゃにして楽しそうに遊んでいる。
後ろ足も少しずつ使えるようになってきているようだ。後ろから歩いているのを見ると、どちらの足もまだ変なふうに曲がっているが、歩くぶんには痛くないらしい。よかった。



ブリーダーのアンジェラのことだが、パースの友人に聞いたら、どうもこのまま泣き寝入りするしかないようだ。彼女としては「生体」が「不良品」だったから取り替える、と申し出ているのにもかかわらず、わたしがあいちゃんを離さないとみなされる。つまり、法律に訴えるわけにもいかないし、治療費を請求するわけにもいかない。日本円にしてすでに2万円以上治療費にかかっているが、それもこれもわたしが絶対あいちゃんを手放さないからだ。

昨日に比べて、あいちゃんはほんのちょっと元気になっている。だから、わたしにはそれで充分と言えるかもしれない。

しかし、依然として便秘は続いている。いくら獣医が「自然に出るようになりますよ」と言っても、「ウンチまみれ騒動」から1度もウンチをしていない。ちょっと心配。

どなたか、いいアイデアはありませんか?




ランキングに参加してみることにしました。ぽちっぽちっと2クリック、よろしくお願いします。
↓   ↓   ↓       ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ   人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック