オーストラリアにもネコ用便利モノがあったよ

オーストラリアはすでに本格的な冬になり、朝晩はかなり冷え込む。と言っても、気温は2度か3度でそれ以下にはならないし、昼間は20度近くまで上がる。

でも、やっぱりヒーターはつけているし部屋は暖めておきたい。
ああ、それなのに。

がびんちのデカ猫2匹たちは「部屋のドアはぜーんぶ開けてあるべきもの」と思っているようで、寝室やトイレに入ってドアを閉めようものなら大変なことになる。ドアをどんどんと叩き、引っかき、悲しい叫びをあげる。まるで、わたしが猫たちを3日ぐらい閉じ込めているような騒ぎなのだ。
そんなわけで、うちの主寝室のドアは開けっ放し。その主寝室の中にある専用バスルームも開けっ放し。

夏はそれでもよかったんだけれど、大きく開けっ放しで寝ると不便きわまりない。ヒーターをつけても寝室が暖まらない。かと言って、ほんの少し開けておくとあいちゃんが必ずばたんと閉めてしまって「開かないよう」と鳴き出す。これには困った。

インテリア雑貨の店で探しても、なかなかいいドアストッパーは見つからない。なるほど、床に置くなんだか重いぬいぐるみのようなものはあるけれど、ハッキリ言ってジャマだ。「猫が通れるくらいの隙間を開けておくストッパー」なんて、ない。フツウのストッパーは「ドアが閉まらないように」壁に沿って開けっ放しにしておくものだ。
そして、子供が間違ってドアを閉めてしまわないように、というドアにはめ込むストッパーは2センチぐらいしかドアの隙間を開けておけない。小さすぎる。あいちゃんはドアを開けられない。
日本の楽天も探してみたが、わたしの欲しいようなドアストッパーはなかった。

ところが、こちらのeBay(オーストラリアのヤフオクのようなもの)で偶然見つけたのが、これ。

koala1.jpg

固めのスポンジのようなもので、ドアの厚みにも対応している。2つで450円ぐらい。もちろん中国製。
フツウはこういうふうに使うらしい。コアラの頭からドアの差し込みまでの長さは約8.5cm。こんな幅のものは初めて見た。

koala3.jpg

小さな猫だったら絶対頭がすんなり通るだろう。ペット用と書いてあるのも当然だが、残念ながらすーちゃんのデカ頭は通らない幅だ。
で、がびんちの場合はこうなった。

koala2.jpg

椅子を使ってコアラをドアの上部にはめこんで、すーちゃんでも通れるぐらいの隙間ができるように調節した。これならあいちゃんがバタンと閉めてしまうこともないし、隙間だってこれぐらいなら開けっ放しでもそんなに寒くない。

ね、便利でしょ?
いつもオーストラリアの猫用品の種類の少なさに嘆いているが、まあひとつぐらいスグレモノがあってもいい。

あ、それでも朝と晩の「大運動会」が始まっちゃうと、ヤツラの体当たりのせいでドアはババーンと大きく開くけどね。こればかりは防げない。はやく春になってくれないかなあ、と願うのみ。


<今日のオマケ>
猫タワーのあいちゃん。またもや落ちそうで落ちない。

ochisou1.jpg

猫タワーの台は直径30センチ。枠がついているので、中の幅は26センチもないはず。ちょっと裏から見たら、こんな具合。

ochisou2.jpg

四方全部はみ出ているじゃん...。ホントにキモチよく眠れるの?

ランキング参加中!
バナーをぽちっとクリック↓してもらえると、あいちゃんもすーちゃんもハッピーに♥♥

にほんブログ村 猫ブログ「ラグドール」へ





関連記事

コメント

トラックバック