FC2ブログ

去年このIKEAのCMを見ながら毎日泣いていた

これは去年オーストラリアのテレビで放映されていたIKEAの英国製CM。


愛猫のゆきちゃんの突然死から立ち直れずに、数ヶ月間ひと知れず毎日おいおいと泣いていた。そんなとき、このCMを見て「また猫と暮らしたい。ゆきちゃんを忘れることとは違うんだから」という気持ちを抱くきっかけになった。

英国人シンガーソングライターのMara Carlyleの曲「Pianni」も静かで美しい。さっそくiTuneStoreで買って毎日聴いていた。まだ涙は乾かなかったが、気分が静かに落ち着いてきたのを覚えている。

追加:....するつもりはなかったんだけど、この「舞台裏」も面白い。


100匹の猫たち、それもよく舞台やテレビで使われる「専門職の猫たち」ではなく、皆ペットだ。
その猫たちを、英国ウェンブリーのIKEAに深夜一斉に放って、CMを制作。喧嘩あり、潜り込んでしまった猫救助あり、インタビューされていた飼い主の腕からマイクのカバーをちょんちょんと盗んでしまったり、いやこちらも面白い。

英国では、家を持ったらペットもね、というくらい猫を飼っているひとが多い。
そんな猫好きの国の、もちろん動物愛護の徹底している環境での、楽しいCMの舞台裏。




ランキングに参加してみることにしました。ぽちっぽちっと2クリック、よろしくお願いします。
↓   ↓   ↓       ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ   人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック