19歳の死にゆく犬と人間の美しい愛を見て泣く

今日は本当は他の記事を用意し始めたのだけれど、朝のニュースショーでの紹介を見て大泣きしてしまったので、そのことを書こうと思う。
まず、写真を見てほしい。英デイリー・メール紙のオンライン版記事米ツインシティーズ・オンライン記事に掲載されている。著作権のために写真のコピーをここに貼ることはしない。

こちらは米国のニュースで紹介されたクリップ(英語)。今朝放送されたオーストラリアのChannelSevenのクリップはYouTubeにはなかった。


USA TODAYのクリップ。実際にジョンがシェップを湖に連れて行くシーン。


シェップは19歳だ。関節炎を患い、痛みが絶えない。
彼のパートナーであるジョンは、シェップがまだ仔犬のときにシェルターから引き取った。最初のオーナーの飼育放棄だった。そのころは婚約者と二人で飼っていた。

が、やがてその婚約者とは別れがやってきた。彼女は去り、ジョンは悲しみのあまり自殺さえ考えたと言う。それを救ってくれたのが、シェップだった。「シェップがいなかったら今の僕はいない」と。「今は僕がしてやれることをしてやらなければ」。

シェップはすでに人間なら百歳以上の老犬だ。
進行した関節炎のために、眠れない夜が続く。それを少しでも鎮めるために、今日もジョンはシェップを連れて湖に行く。夏の米国ウィスコンシン州のスーペリア湖は温かい。シェップはジョンに抱かれて湖に入り、彼の肩に頭をもたれてゆっくりと波に揺られながら眠る。静かな波の揺れと水の温かさが、関節炎を鎮め彼を静かに眠らせてくれるのだ。

犬と人間の種を超えた深い愛情が、痛いほど感じられる写真。
この写真を見たとき、知らずに涙がほろほろとこぼれた。何百ものコメントをフェイスブックに残したひとびとのように、今までの人生でなくしたひとやペットを想い、悲しみ、愛、そして優しさの感情が一度に襲ってきて茫然とした。そして、なくしたと思っていたそれらの人やペットへの想いがまだ心の底に残っていたこと、その温かさにもう一度泣いた。

写真を撮ったのは、ジョンの友達、プロの写真家であるハンナ・ストーンハウス・ハドソンだ。彼女自身のフェイスブックで最初に紹介し、今では何百万ものアクセスがあるという。
写真は、彼女の写真サイトから購入できる。その報酬の一部はシェップの治療費にあてられるらしい。少し大きめの写真を購入して書斎にそっと置きたいと思う。

たった1枚の写真が、何百万人ものひとたちに訴えかけるもの。
語らなくとも伝わってくるもの。


ランキング参加中!
バナーをぽちっとクリック↓してもらえると、あいちゃんもすーちゃんもハッピーに♥♥

にほんブログ村 猫ブログ「ラグドール」へ
バナーが見えない携帯・スマホの方はこのリンクをぽちっとクリックしてにゃん♥♥

関連記事

コメント

トラックバック