近況:「金魚のフン」と化したあいちゃんとすーちゃん

お久しぶりです!

nakayoshi_kakou.jpg

いやー、3ヶ月もたってしまった。何ということだ。その間にあいちゃんもすーちゃんも3歳になり、依然としてデカく、依然として甘ったれで、依然として毛づくろいもせずに過ごしいた「らしい」…というのも、半年の間オーストラリアに3度戻ったけれど、あとは猫シッターのリサとDVDと大画面TVを目当てに泊まりに来る友達に任せっぱなしだったからだ。ごめんね、ごめんね、ごめんね。

帰ってきたら、すーちゃんが「嬉しい〜」とゴロにゃんをしてくれたのは10分。あいちゃんは、わたしが鍵でドアを開けているときからすでに「ふわああああああ、にやあああああ、おかあああしゃまああああ」とウルサイ。片時も側を離れない。わたしが移動すると、2匹とも後をゾロゾロとついてくる。トイレはギュウギュウ詰め。うう、暑苦しい。キッチンでは、あまりに側にピッタリいるため、何度もしっぽを踏んでわたしのほうが転びそうになる。スッテンコロリンで、アタマでも打ったらどうしてくれるんだ。

パースはすでに盛夏なので、昼間は35度以上になる。毎日朝晩来てくれるリサは、ヤツラの寝るわたしの寝室だけには軽く冷房をつけておいて、夜もう一度来たときに止めていってくれた。これはありがたい。リサは、それだけではなく「留守だとひとに知られないように」毎日郵便受けも空けてくれていたし、毎朝ブラインドとカーテンを開け、夜には閉めていってくれた。これもありがたい。

しかし。ひとつだけ、言い忘れたことがある。ブラッシングだ。春から夏への換毛期に、ブラッシングがないとどういうことになるか。毛玉が〜…。すーちゃんは3つ、あいちゃんは2つ。これはハサミで切り取ってしまった。しかも、ヤツラは毛づくろいが下手だ。2分以上したことがない。やれやれ。さっそく、デカ猫2匹のお洗濯となった。

もうひとつは、爪切りだ。これは忘れたわけではないし、第一猫を飼ったことのないリサにできるわけもない。爪がものすごーく伸びていて、これも嫌がるヤツラをひっつかまえてバチンバチンと切ってやった。

そんなわけで1月末帰ってきたばかりのときの忙しさと言ったら。
学校も始まっていないのに、グッタリと疲れてしまった。

やっといつものテーブルに座ってコンピューターを開いたら、あらら。何だかヘンに仲がいい。一緒にいる時間のほうが長かったからか。いつもはテーブルの上であまりくっつかないように寝ているのに、結構このところくっついているではないか。
小さいときによくやっていたように、あいちゃんがすーちゃんのアタマを舐めてやっている。そう言えば、あまりにも耳を舐めすぎて、すーちゃんの耳周りの毛が薄くなっちゃったこともあったな。

なんかイヤにラブラブで気持ちワルイ…。

DSC09807.jpg

DSC09809.jpg

と、思ったら…。

DSC09815.jpg

この後、すーちゃんが嫌がってテーブルを飛び降り、続いてあいちゃんが追っかけ、以前どおりの「大運動会」が始まってしまったのでした。メデタシメデタシ(え?)

不定期更新ですが、それではこれからもどうぞよろしくお願いします。

ランキング参加中!
下の写真をぽちっとクリック↓してもらえると、あいちゃんもすーちゃんもハッピーに♥♥

にほんブログ村 猫ブログ「ラグドール」へ
バナーが見えない携帯・スマホの方はこのリンクをぽちっとクリックしてにゃん♥♥







関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。