どうしても外に出たいあいちゃん

今年に入ってから庭に出るドアを開き戸から大きな2枚の引き戸にした。つまり今までブラインドで覆われていた扉が明るく、外が大きく見えるようになった。
それは大変うれしいのだが、あいちゃんも外に出たくて仕方がない。いや、今までだってリードをつけて外の散歩に出ていたが、外が大きく見えるというせいでどうにもガマンできないらしい。

わたしがちょっと外で金魚に餌をやっているだけで…。

soto_1.png

ちょっと待っててね。

soto_2.png

だから、ちょっと待っててってば。

soto_3.png

この騒ぎである。

すーちゃんは、というと…至って今の状況に満足している。外が大きく見えるということは、鳥サンがよく見えるということであり、「かかかか…」と言いながらそれを目で追うだけで楽しいらしい。
でも、もちろん極度の臆病者なので、いまだにわたしがガラッと戸を開けると一目散に逃げる。開く音が怖いらしい。1日最低でも2回はこのガラッがあるのだが、それでも毎回律儀にものすごい速さで寝室に駆け込んでいる。

この調子だと、すーちゃんは2度とこの戸から逃げることはないだろうねえ(去年逃げたお話はコチラ)。



関連記事

コメント

トラックバック