ボクは、フタのほうが好きなの

あいちゃんは眠い

日本から持って帰ったキャリー「猫くるりん」は、獣医のところに行くたびに「えええ、かわいいっ。どこで買ったの?」と待合室でみんなから訊かれる。こんなかわいいキャリーは、オーストラリアでは全く見かけないからだ。
これを持って電車に乗らなければならないなら、丸くて手で持ちにくいかもしれないが、わたしは車で移動なので重宝している。てっぺんについたハンドルにシートベルトを通せるから、がっちり固定もできる。5kgまでなので、7-8kgの成猫になったら入れなくなるだろうけど。

あいちゃんは今のところまだまだ小さいので、先代猫のハードキャリーは大き過ぎて中で飛び回れるくらい。当分は、こちらのほうが快適だと思う。

この「猫くるりん」は、普段はこんなふうにリビングのドマンナカに鎮座している。いや、あいちゃんがフタが好きなので。おもちゃを拾うと、持って行くのはここ。ちょっと眠くなると、フタで丸くなる。

猫っておもしろいよね。
自分のお気に入りの場所は自分で探す。たとえそれがどんなにへんな場所でも。



追記:
横のメニューにある「あいちゃんの年」を見たら、今日からなんと月齢4ヶ月。ニンゲンの年にしたら6歳。どんどん大きくなってね。(その前に、頼むから早くよくなってくれよー、ヘルペス!)



あいちゃんを応援してくださってありがとうございます。下のバナーをぽちっぽちっと2クリックしていただけると、とても励みになります。これからもよろしくお願いします。
↓   ↓   ↓       ↓   ↓   ↓

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ   人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。