あいちゃんはキャッテリーでお留守番

なんという罪悪感。

あいちゃんは、今晩からキャッテリーでお留守番だ。わたしは明日バンコクに向けて出発。
ずいぶん前からきちんと計画を立ててキャッテリーを探しまわり、シツコイくらい質問をし、あいちゃんが来る前から予約しておいたところだ。ああ、それなのにこの罪悪感。なんてひどいことを、と自分でぽかぽかとアタマをたたきたいくらいだ。
まだ5ヶ月半なのに。

車で30分ぐらいの距離のキャッテリーは、以前先代猫をあずけていたシェルターとは違う。
元々ラグドールのブリーダーをしていた老夫婦は、年とってきたこともあり、ブリーダーをやめてキャッテリーだけのビジネスに絞ったという。どちらかというと「ビジネス」というより「趣味」といった感じ。

キャッテリー1

キャッテリーとなる小屋は清潔で明るい。わたしがあいちゃんを連れていったときには、ほとんどのケージにはすでに猫たちがいた。来週末のイースターには「満室」になるらしい。

キャッテリー2

あいちゃんがはいったのはこのケージの半分ぐらいの大きさの「お独りサマ用の部屋」だ。それでもかなり大きい。キャットタワーもついているし、第1日目の緊張をときほぐせるように、2階には大きく窓のないケージが取り付けてある。ここに入って、外の様子をうかがうってわけだ。

オーナーは老オーストラリア人男性。見上げるほど大きくて、気さくなひとだ。奥さんは「今晩ゴハン作っているから」とのことで、今回は顔を見せなかった。

「おお、ラグドールだね」と顔がほころぶ。「どこからもらったの?」と聞いてわたしが例のブリーダーの名前をあげると、「うわ。あの魔女かい」と両手でアタマをかかえた。

「彼女はね。ギョーカイじゃ知らないひとがいないほど悪名高いんだよ。20年、この商売をやっているからね。だから、どちらかというとシンガポールやマレーシアやインドネシアなどに何千と仔猫を送っているはずだよ。だから、アンタが両足骨折の仔猫をもらったと言ったって、ワシは驚かんね。だって、そういうことこれまでに何百回とやっているはずだから。海外じゃあ、クレーム出したって難しいし。」

げ。なんで、こんなところをよりによって選んでしまったんだろう、わたしは。

「彼女は口が上手いからね。その手でだまされて、病気の仔猫をつかまされたひとは多いんだよ。虫がわいていたという話もあったし、栄養不良というのはかなり聞いたよ。病気と骨折が発覚したとき、返してくれ、と言っただろう?それが、彼女の手なんだ。返したら返したで、また他のところに売る。売れなかったら医者で安楽死だ。」

でも、なんでそういう話が表沙汰にならないんですか?

「上手いからだよ。だから、西オーストラリアのブリーダー協会や、西オーストラリアのブリーダーたちがいるところには彼女のいる場所はないんだ。もっぱら東海岸で活躍しているのはそのせいだよ。血統書だってxxxxだろう?それは、ほとんど東海岸のブリーダーが会員だからね。みな、知らないんだ。そして、悪口を言うだけだと、名声に傷をつけようとする悪意の手段だとかなんとか、東海岸に泣きつくんだよ。ひどいもんだ。署名でも集めて糾弾するだけのこともないから、ここでは完全に無視されているブリーダーだよ」

いや、糾弾してほしいなあ。ほんと。

そんなわけで、あいちゃんはかなり憐れみの目で見られてしまった。「この子は何キロ?ああ、3.5キロくらいか。男の子は普通もっと大きくなってもいいけれど、アンジェラんとこの子じゃあ、どうかなあ。」

独りでいることが多いんだったら、もう1匹いるといいね、とやはり言われてしまった。
「そうしたら、昼間は淋しくないから。あずけるときだって2匹あずければ、ストレスも少ない」

あいちゃんには、そのほうが幸せなのかなあ。独りじゃ、やっぱり淋しいかなあ。

他のケージには、大きなラグドール、バーマン、そしてバーミラというわたしの見たこともない美しい猫がいた。「バーミラは、素晴らしく美しいけれど性格の悪いチンチラ(笑)とおだやかな性格であまり毛が抜けないバーマンを交配させたらできた、もう完璧な猫だよっ」と、まるで自分が作ったようにオーナーは胸をはった。
好きだなあ、猫のことになるともう話が止まらないひとって。

最後に「あいちゃん、いい子でいてね。すぐ迎えに来るからね」と言って涙ぐんでしまったわたしに、「大丈夫だよ、毎日抱っこして話しかけて、外で遊んであげるから。1年のうちで数回しか来ないのに、ワシのこと覚えてくれている子って多いんだよ。ちゃんとブラッシングもしてあげるからね。心配しない、しない」

でも、心配なんだよ。
バンコクからまた電話しようと思っているけれど、あの寂しがりのあいちゃんが今晩どうしているかと思うと.....ぐす。

あいちゃんキャッテリーへ

ちょっとまた涙が。情けない。





いつもご訪問ありがとうございます。ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると嬉しいです。あいちゃんにもがびにも励みになります。
にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ  人気ブログランキングへ
関連記事

コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。