友達の愛犬、スパーキーは天国へ

先ほど友達から電話があった。
辛い決断をした彼女は泣いていた。

11歳のゴールデンリトリバー犬を安楽死させたのだった。

彼女もスパーキーもメルボルン出身だ。
スパーキーは7歳のときに癌にかかった。どこの癌だったか忘れてしまったが、そのとき彼女は化学療法や治療でかなり高額の支払いをした。幾人かのひとは「犬に化学療法?」と笑ったと言う。それでも、医者の言うとおり、化学療法はめざましい効果を見せて、スパーキーはよみがえった。

「治る可能性のある病気は、どんなことをしても治してあげるわ。家族ですもの」と彼女は言った。

その後、彼女はご主人の転勤にともなってパースに引っ越してきた。2人の子供とスパーキーも一緒だった。彼女の家は大きな一軒家で庭も広い。家の裏のドアには犬用ドアが取り付けてあり、スパーキーは好きなときに庭に出られた。

そして、事故が起きた。
庭から道路に出る木戸が、どうしたことか開いていたのだ。スパーキーの悲鳴と急ブレーキに彼女が家から飛び出したときには、すでに遅かった。それでも、前足で掻いて立ち上がろうとする血まみれのスパーキーをタオルで抱きかかえて、車に載せ、獣医クリニックの緊急医療に走った。

しかし、手の施しようがなかった。

「何とかしてください」と、彼女は泣き叫んだ。
「治療をしてもすでに遅すぎます。いずれあと何時間かで死んでしまいますよ。苦しませるのはもっとかわいそうだとは思いませんか。楽にしてあげるのは、飼い主の義務です。犬はなぜこんなに苦しまなければならないのか、なぜあなたが助けてくれないのか、理解できないんです」
そう言われたとき、彼女はわかった。ものを言えないスパーキーに代わって、彼女が決断を下さなければならない、と。

そして、スパーキーは獣医の手によって永遠の眠りについた。

「わたしのやったことは正しかったよね?」
「うん、絶対正しかったよ。絶対正しかったよ」

そして、わたしはもうひとりの獣医のことを思い出していた。
同じように、「犬はなぜあなたがこの苦しみから救ってくれないのか理解できないんですよ」と言ったひとだ。

もう何年も前、まだゆきちゃんがいたときのことだ。
彼女の常用薬をもらいに、買い物のついでに獣医クリニックに寄った。すると、恐ろしげな入れ墨のとても大きくてイカツイひとが診察室から出て来た。毛布にくるまれた死んだ大きな犬を抱きしめて、おいおいと泣きながら。しゃくりあげ、涙と鼻水でぐちゃぐちゃになり、周りのひとの誰も目に入らない。そのあまりの無防備な悲しみに驚いて、わたしも思わずもらい泣きをしてしまった。

診察室から出てきた獣医さんに、涙を拭きながら「どうしたんですか」と訊いた。
「安楽死させなければならなかったんです。悪性リンパ腫で、もう手遅れの状態。手術をしても老犬なのでもたないけれど、痛みがひどく衰弱が始まっています。食事もできないし、もうすでに立ち上がれない。安楽死を選ぶのは、飼い主の義務です。」獣医さんは、わたしの目をまっすぐに見つめて答えた。
「犬には、なぜこんな苦痛と恐怖を味あわなければならないのかわからないんですよ。あなたが側にいるのに救ってくれないのがどうしてもわからないんです。苦痛を終わりにしてあげるのは、義務だと思いませんか。」

わたしは、答えられなかった。

安楽死を選ばなければならない立場になったらどうするだろう。「決心して安楽死させる」精神的な苦しみと、実際のペットの肉体的苦しみとを天秤にかけなければならなくなったら。
ただし、「飼い主の義務」という言葉はこれから一生頭から離れないだろうと思う。わたしの友達も、手放しで号泣していた男性も、限りない愛情に裏打ちされた義務を立派に果たしたんだ。

スパーキー。合掌。


いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ




突然、庭に猫が来た!

「ふにゃふゃにゃふゃにゃ(訳:おかあしゃま、あっそぼうよう)」とあいちゃんがねだるので、新しいポンポンのおもちゃでじゃらしていたら、いきなりドタドタバーンという音が。(注:外側がバッチイ窓は、この際無視してくれ)



猫だ。しかし、見覚えがある。1ヶ月ほど前に、やはりこの裏庭に通じる横道にサビ猫が現れた。そのときは、わたしの顔を見て「にゃあ」と鳴き、座ってじっとしばらくたたずんでいた。そして、ちょっと目を離したらもういなくなっていた。あいちゃんもすーちゃんも珍しそうに眺めるだけだった。そのときには首輪が見えなかったので、「野良猫だったら、保護しよう」と思っていたが、それ以来一度も現れていない。

今回は、ものすごい騒音とともに現れたので、たぶん塀から落ちたのだろう。うちのこの高い塀は周りの家との境にぐるっとそびえていて、隣のうちで何が起こっているのか全く見えない。時々、外猫たちがその塀の上を優雅に歩いていることがあるが、去年のあの「野良母子騒動」以来うちの庭の角に住む猫たちはいないし、うちの庭に入ってくる猫もいない。このサビ猫以外は。

sabineko1.jpg

じっとしているので、足でも痛めたかと心配したら、すっと立ち上がって向きを変えた。青い首輪をしている。あいちゃんは、もう興味津々で窓をカキカキまでしているが、日向の一番いい位置に寝そべったサビ猫は、いきなり「しゃー」。ひとんちの庭で寝そべって窓の中を見ながら「しゃー」はないだろう。

sabineko2.jpg

しばらく、そんな感じで様子をうかがいながら毛づくろいまで始めたサビ猫。
あいちゃんはもう窓にへばりついているが、すーちゃんは「ふうん」と最初は眺めていたがすぐに飽きてしまった。

sabineko3.jpg

それでも、あいちゃんは諦めなかったけど。

sabineko4.jpg

そのうちに、サビ猫のほうも飽きてきたのか、すっと立ち上がるとどこかに行ってしまった。まあ、うちも外に出られる柵になっている部分が前庭のほうにあるし、裏庭の大きな鉢からオリーブの木を伝って外に出られるし。そのことがわかったのは、以前母猫がそうやって逃げたからだ。

わたしは外猫を見ると去年のそのトラウマがあるので、まず首輪をしているかどうか見る。していれば誰かの飼い猫だろうからほうっておく。サビ猫だから雌だろう。不妊手術がされていることを願って。

以前にも書いたが、西オーストラリア州議会では、今年6月にネコ法案が可決された。
つまり、来年2012年11月から一斉に飼い猫の去勢・不妊手術、マイクロチップ埋め込み、登録が義務化される。開始後1年間の猶予期間を経て、罰金とひどいケースの場合は禁錮刑も含むという。もちろん、ブリーダーにはそれなりの優遇処置が法案に含まれているが、オーストラリアの州としてはこうした法律は初めてで画期的だ。

これにより、野良猫たちがどうなるのかはこれからの課題。
だが、パンクしそうなシェルターの保護猫たちと今も野放しの猫たちの問題が、取りあえず1歩進んだことにほっとしている。




いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ

日曜日のキャットショーで、会いたくないひとに会う

にゃんこ杯ゴルフ「ボール」コンペのせいで、ここ数日浮かれている。
ということで、日曜日にもキャットショーに行ってきたのだが、そのことに触れることもなく水曜日になってしまった。

触れようか触れまいか、と迷ったのにはもうひとつ理由がある。

実は、日曜日のキャットショーを開催しているのは「あいちゃんの血統書」の登録団体なのだ。先日「ふざけんなよー」とわたしが怒り狂った経緯は「いきなりブルーミテッドになったあいちゃん」に書いたが、その血統書を作成したのが「その」団体である。

友達がネットで見つけたらしく、「行ってみる?」と聞いてきたので、まあ一度見てみるのも悪くないよね、と出かけていった。

先週末に行ったキャットショーより小さい。えー。先週のは、町内会じゃなかったの?
そして、どう見ても「和気あいあい」が欠けている。しーんとしているのだ。会場にいるひとたちは、全部で10人にも満たない。猫たちも総勢で30匹ほど。これで、ショーと言えるのかなあ。

それでも、回っているとかわいい猫たちがいる。
これは、きれいなアビシニアンの猫。オーナーが抱き上げたけれど、わたしは嫌われてしまった。

アビシニアン猫

今回ものすごくかわいいなあ、と思ったベンガル。模様が美しい。が、あまり近寄りすぎて猫ちゃんが寄り目になってしまった(爆笑)。

ベンガル1

そして、大きなあくび。お見事。

ベンガル2

こちらは、チョコレートポイントラグドールの成猫。
あいちゃんは耳が焦げ茶っぽいが、この猫の顔ほど茶色が目立っていない。初めてチョコレートポイントの成猫を見たが、ほんとうにどこからどこまでポイントが珈琲色をしている。
あいちゃんは、やっぱりブルーポイントかもしれないねえ。

チョコレートポイントの成猫。

チョコレートポイントの成猫。2

先週のショーは、審査台が4つあった。このショーはひとつだけだ。そして、気を使ってはるか彼方からカメラを向けているのに、「ちょっとそこのひとっ。カメラ向けないでくれますっ?猫ちゃんがびびるからっ」と叱られてしまった。だから、審査の写真はこれしかない。

ジャッジ。

先週のショーは、ひとも多くかなりザワザワとうるさかったし、これよりもっと近づいても叱られることはなかった。わたしはフラッシュを使っていたわけではないし、大きな音もたてていない。実は、今回あまりのひとの少なさに、気を使って5m以上も離れて撮影していたのだ。そばで審査を椅子に座って見ているひとたち(3人だけ)の背後からもかなり離れていた。だからわざわざ望遠レンズにしていたし、もちろん、猫がわたしに気づいて暴れたということもない。
いや、そのせいで大きなレンズが遠くからでも悪目立ちして、ジャッジがイライラしたのかもしれない、とそのとき思った。話をするのもはばかられるくらい静かな会場だったし、やっぱり悪いことをしたのかな、わたし。反省。

ま、それはいいとしても、1番会いたくないひとに会った。あいちゃんのブリーダーだ。おめかしをしていたので最初はわからなかった。でも、例の甲高い声で甲斐甲斐しくジャッジの手助けをしていたので、ぎょっとなった。

やっぱり彼女はこの団体の幹部なんだね。

彼女が忙しくて気づかなかったのをいいことに、わたしはそっとそのショーを離れた。
もう言い訳を聞きたくないんだ。あいちゃんはわたしんとこの子だから、もう彼女に何も言われたくないし、ましてや「元気でやっているかしら?」などと挨拶のついでの会話などしたくない。

あいちゃんは元気だけれど、いまだにクシャミは出るし、右目マブタの傷は消えないし、目やにも出る。譲渡の際の両足の骨折、カルシウム欠乏症、そして重度の猫風邪に関しては、それ以来の会話の中でも全く無視された。唯一彼女から直接来た携帯メッセージは、獣医の診断書のコピーを添付で送ったとき。「**の獣医(あいちゃんの主治医)はわたしも知っている。早期にきちんと発見されてよかったわね。やっぱり名医。」
発見以前の「原因」に関しては一言も触れていなかった。

血統書は、以前にも書いたが、チョコレートではなくブルーポイントになっている。
但し、今回チョコレートポイントの成猫を見て、わたしもあいちゃんが「もしかしたらチョコではない」と思ったが、「彼女にはそれがわかっていたから、わたしに言わずに血統書をブルーにした」わけでは決してない。一番最初の譲渡日に「歩けないあいちゃん」を連れてきたとき、もちろん「彼女の」獣医の去勢証明書も携えてきた。そこにはチョコレートと記されているのだ。1日前の日付で。
そして、2日後2度目に「足なんかただの軽い捻挫よ。すぐに座るのは、ラグだからよ。」と主張してまた連れてきたとき以来、彼女はあいちゃんを見ていない。その後、「他の仔猫と取り替えてあげるから」という言葉に、絶対返すまいと思ったからだ。

彼女が「あいちゃんが何色だか、または何色だとわたしに言ったか」を忘れてしまった、という推測のほうが正しいと思うのは、そんなわけだ。何ヶ月もたってから申請しているのだから。
名前だって、勝手に省略されてしまっているしね。

なんとかする、と言った彼女からは、もちろんその後なんの連絡もない。

わたしがブリーダー関連に全く無知だったのは、重々承知だ。もう少し色々なところを探してみるべきだったのかもしれない。今なら、違う結果になっていただろうとわかる。
でも、それでもあいちゃんはがびんちの子になった。なった以上、その日からはわたしの責任だ。彼女には関係ない。それ以前のことは、もうここにも再三書いたように、話しても時間の無駄だと知っている。

でも、日曜日に彼女の顔を見て、わたしは自分がまだ胸が痛くなるほど怒りを感じているのに驚いてしまった。
もはや、わたしが支払った全ての医療費やデタラメな血統書のことなどではない。

彼女が、まだ「あいちゃんのような仔猫をつくりだしているかもしれない」と思うと、どうにもやりきれないのだ。

あいちゃんだけだった、と思いたい。
あいちゃんだけが運が悪かったんだ、と思いたい。




いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ

パースの小さなキャットショーを見てきました

キャットショーというものには、あまり縁がなかった。

ところが、今日ちょうど西オーストラリア猫オーナー協会(COAWA)のキャットショーがあるというので、友達と一緒に出かけて行った。飲茶を腹いっぱい食べてからの午後、かなり動くのがつらかったが。
大体、ショーのある場所というのが展示会場がいくつもある大きなエクスポのグラウンドだ。駐車場は1500台はいり、後楽園ドームがいくつも入るほどの大きさ。中に入っても車で進むことができる。

その一番奥のパビリオンだったので、ずいぶん迷って探してしまった。中に入ってから20分たっていた。

というわけで、わたしが一番見たかったラグドール部門はほとんど終わっていた。実はこれ、ラグドール愛好家クラブのキャットショーで、西オーストラリア猫オーナー協会のルールに従って行われたもので、参加している猫ちゃんたちも70匹ほどの小さなショーだった。
ジャッジは、ヴィクトリア州から来たひとでものすごく立派なお髭の男性。

COAWA1

黙って判定しているのではなく、ずううううっと解説してくれるので楽しい。アタマの形はコレで、しっぽはこんな感じ、と次々と判定基準を教えてくれて、かなり勉強になった。

この子は結局1位になったブルーポイントの女の子。

COAWA2

そのあとは、すでにメインクーン部門になってしまった。
いや、実物を見るのは初めてだったので、その大きさにビックリ。でかっ。

COAWA3
COAWA4

結局メインクーン部門で1位になったのは、この子。

COAWA5
COAWA6

オマケのペルシャくん。かわいい。オーナーさんにケージから出してもらって、嬉しくって鳴いていたところをパチリ。

COAWA7

まるで田舎の町内会主催キャットショーと言ってもいいような雰囲気の、とても小さなショーだった。何だかみんな和気あいあい。ジャッジが冗談を言うたびにどっと湧いているし、アイスクリームなんかも売りに来る。のどかだなあ、パース。緊張感まるでナシ。猫ちゃんたちの中には、「うるせえなあ」とばかりにケージのカーテンの後ろに隠れちゃっている子もいる。

かなりたくさん写真も撮ったが、ケージ越しなのでアップするほどのものがなく残念。

帰宅すると....。

ネコ臭いよ、おかあしゃま

だそうです(笑)。




キャットショーももう少し大きいものに行ってみたいなあと思って、今日のショー会場で聞いてみたら、10月だそうです。ちょうどわたしがバンコクに行っているとき。残念。

いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ランキングに参加していますので、ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

      ココをクリック        ココもクリック
      ↓  ↓  ↓        ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ

猫のユリ中毒:「死に至る」危険についての再認識

花をもらうのは、いくつになっても嬉しいものだ。

日本でも近年、それまで存在しなかった西洋風のブーケが贈答品として定着したが、昔は贈答品としての花束を普通の花屋で見かけることがなかった。だから、まだ若かった夫がわたしの母へのプレゼントとして自分で買って来たのは、そのまま仏壇や墓の花瓶に挿せる三角形に形づくられ全部の花が前を向いているものだった。

過去の笑い話はさておいて、ユリはそうした花束の中で、バラと並んで頻繁に使われる花の一種だ。

しかし、ユリが猫にとって猛毒だということを知っているひとはまだ少ない。

ASPCAユリ中毒


上のポスターは米国動物虐待防止協会(ASPCA)にも置いてあるらしい。元はUC Davis(カリフォルニア大学デービス校獣医学科)で配布されているものだ。
近年、オーストラリアの花屋で見かけるようになったポスターにも、「ユリは猫にとって死に至るほどの猛毒になります。ブーケにユリがある場合は、飾る場所に猫がいるかどうかもう一度確認してください」とある。

食べ物に関してはかなり気難しいイキモノのくせに、香りなのか好奇心なのか、ユリの葉や花を食べて獣医に運び込まれる猫が後をたたないからだ。

最近の研究では、花が最も毒性が高いことが証明されているが、茎も葉も、そしてユリの茎が浸かっている水でさえ毒を含んでいる。つまり、ユリの全ての部分が猫にとっては有害なのだ。

通常は、摂取から2-3時間以内に嘔吐、ヨダレ、食欲不振などが現れ、次に尿の異常となる。そして、一時的におさまっても毒素の吸収は内蔵の広範囲に渡り、24時間たつと多尿と腎障害が始まる。そして、その後に脱力、多飲、無尿、低体温となり、摂取後3-5日以内に急性腎不全で死亡するケースがとても多い。
特に、日本でも花屋や庭でよく見かけるAsian Lilyを食べてしまった猫の死亡率は、24時間以内に治療がほどこされない場合50%から100%にも跳ね上がる。
日本ではカラーと呼ばれるCalla Lilyも、ユリの一種だ。

日本語サイト検索で、関連情報が必ず引っかかるはず。わたしが参考にしたサイト(全て英語)のリンクは下に挙げた。
最初のASPCAのサイトにある「猫に危険な植物」は必ずしも死を招くほどの猛毒ではないものも多い。食べると、嘔吐や口から泡をふくだけのものもある。たとえばシクラメンなどがそうだ。写真があるので、英語がわからなくてもかなり良い目安となると思う。

ASPCA アメリカ動物虐待防止協会の「猫に毒性作用をもつ植物の写真と名前」
Catatonia「ユリは本当に猫にとって毒なの?」
University of Sydney Feline Health Articles シドニー大学「猫のユリ中毒について」

実は、同僚の外国語学科主任の娘はまさにそのユリ中毒によって愛猫をうしなった。2年前のことだ。誕生日のプレゼントにもらった花束にユリが含まれていたのだ。
カウンターの花瓶に入ったそのユリの花びらを半分ほど食べた6ヶ月の仔猫は、半日ほどしても嘔吐がとまらず獣医クリニックに運ばれ、「50%のチャンス」に賭けたが次の日に虹の橋を渡ってしまった。

この話を聞いたのは、ユリの花束を学校で何かのお礼にもらった彼女が、「ありがたいけれど、これはユリが入っているから家に持って帰るわけにはいかないわ」と言ったときだった。その花を彼女に渡したひとはもちろんその場にもういなかったけれど、「もう、たかが花びら半分で猫を殺したくないの」と。そして「猫を飼っていないひとは、知らないのよねえ」というため息に、「猫を飼っているくせに」知らなかった当時のわたしは愕然とした。

中毒の死に至る危険性はもちろん個体差と年齢にもよるが、食べたとわかった時点から6時間以内に治療をほどこした場合、死の危険性は回避できることが多い。

ただし、それよりももっと有効な手段がある。
ユリを家の中や猫の歩く庭に置かず、あなたの愛する猫たちが決して近づけないようにすることだ。





学期休み最後の日となりました。明日からは、また忙しい日々が始まります。更新も毎日は無理かなあ。

いつもあいちゃんとすーちゃんを見に来てくださって、どうもありがとうございます。ふたつのバナーをぽちっぽちっとクリックしていただけると励みになります。とても嬉しいです。

にほんブログ村 猫ブログ ラグドールへ 人気ブログランキングへ